マウンテンプクイチ『球詠』2巻

 

 

球詠

 

作者:マウンテンプクイチ

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

女子が本格的な(つまり男子の)高校野球をしている以外、

あらゆる面でリアリズムを追究する野球漫画の新刊である。

 

 

 

 

とにかく『球詠』は情報量がおおい。

マネージャーで野球オタクの芳乃は、アプリで成績を管理しつつ、

圧倒的な知識量でチームを訓練し、編成し、指揮する。

 

 

 

 

百合的にも野球的にも「女房役」である珠姫は、

緻密かつ大胆なリードや守備でチームをひっぱる。

 

 

 

 

第1巻からつづく、練習試合の柳大戦も終盤へ突入。

打席に立つのは交代が確定したピッチャーで、打つ気がまるで感じられない。

つねに合理的に配球を組み立てる珠姫は、

バッターの内面の虚脱感まで見抜けず、困惑する。

 

 

 

 

相手は打つ気がないのでなく、ただ単にボーッとしていた。

ふと我にかえりバットを振ったら、出会い頭でホームラン。

これが決勝点となる。

 

高度な戦術と、あっさりそれをくつがえす偶然性。

球技の醍醐味がつまっている。

 

 

 

 

第10話は、上級生コンビの怜と理沙にスポットライトをあてる。

学校制服姿も絵になる。

 

 

 

 

中学時代からはぐくんできた、ふたりの絆。

合宿の夜に語らいながら、過去と現在と未来を共有する。

 

髪型や顔つきで、年格好のちがいを表現。

第2巻は、主人公がストーリーを牽引しておらず(なんか幸せそう)、

スポーツ漫画にありがちな群像劇の散漫さに陥っているが、

それでも描き分けの巧みさで、本作を傑出した水準にたもっている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック 

tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』

 

 

たとえとどかぬ糸だとしても

 

作者:tMnR

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2017年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子高生「鳴瀬ウタ」を主人公とするストーリーは、兄の結婚式からはじまる。

新婦の「薫瑠(かおる)」は、ウタの幼なじみでもある近所のお姉さん。

その幸せそうな表情を最前列で見て、ウタはあることに気づいた。

自分が彼女に恋していて、はげしく嫉妬していると。

 

 

 

 

ウタはマンションで、新婚夫婦と三人暮らしをする。

日に日にふくらむ恋心を、義姉に悟られない様にしながら。

 

 

 

 

薫瑠は、家族関係に問題をかかえるウタのため、

母親代わりになろうと、かいがいしく世話を焼く。

 

ウタは葛藤する。

もとめているのは、そうゆう愛情じゃない。

けれども本当の気持ちを口にすれば、自分の世界は一瞬で崩壊する。

 

 

 

 

ツインテールの「クロちゃん」はウタの友人。

恋の迷宮をさまよう親友の愚痴を聞くのが日課となっており、

「感情サンドバッグ屋」を自称する。

 

 

 

 

ある日ウタは、友人を自宅に呼んだ薫瑠の会話を耳にする。

「いずれ自分の子供はほしい」と。

 

悪意のまったくない、死刑宣告。

ウタの胸のなかの時限爆弾がカウントダウンをはじめる。

もし出産が現実となれば、すべて手遅れだ。

 

 

 

 

自分の初恋が、だれより不幸せな終わりをむかえるのは仕方ない。

最初から覚悟している。

でもこんなに近くにいるのに、なにごともなく恋が消滅するなんて、かなしすぎる。

 

本作はtMnRの商業デビューであり、初単行本。

絵になる構図と、複雑かつ細やかな心理描写で、

百合の宇宙の深淵にせまっている。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 

藤田かくじ『放課後少女バウト』

 

 

放課後少女バウト

 

作者:藤田かくじ

掲載誌:『月刊キスカ』(竹書房)2016年-

単行本:バンブーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

最強の10代女子を決める大会「アルテミス」をえがく格闘漫画。

華やかなコスチュームが観客の期待を煽る。

 

ヒロインは「死神」の異名をとる「箕輪辰乃」。

つねに冷静沈着で、対戦相手の挑発にも眉ひとつ動かさない。

 

 

 

 

本作の特色はダメージ描写。

可憐な美少女が無慙に破壊されるさまに、昂奮する読者も多かろう。

看護師の卵なのに壊し屋でもある、「日野原瑞穂」の暴れっぷりがみどころ。

 

 

 

 

第5話で辰乃と瑞穂が激突。

絞め技だけで勝利をかさねてきた辰乃が、打撃の封印を解く。

 

 

 

 

マットに鼻血をまきちらしながら、不敵に笑う瑞穂。

この異常なまでの闘争心には、かくされた理由があるらしい。

 

 

 

 

将棋みたく数手先を読み合う固め技や寝技は、

総合格闘技の売りだが、いかんせん絵にすると地味になりがち。

しかし本作は、スカートをつかったギロチンチョークなど工夫している。

 

 

 

 

主人公は辰乃の同級生である「小仏孝雄」。

秘伝の整体術で、爆弾をかかえた辰乃をサポートする。

 

この設定が、打撃の制限やサービスシーンにかかわっており、

ストーリーが展開するなかで秘密もいろいろ明かされそうだが、

序盤のフックとしてはやや弱いかもしれない。

 

 

 

 

一心不乱に強さをもとめる少女たち。

ケレン味たっぷりのデザインや格闘描写は勢いが感じられ、

松井勝法『ハナカク』に匹敵する要注目作として推薦できる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『ナデシコ女学院諜報部!』 第5章「陰謀」


登場人物・あらすじ(準備中)


全篇を読む(準備中)







 セレブリテ学園の壮大な校舎の前を、ミキと千鳥が走って横切る。外壁の階段が最上層の祠へまっすぐつながる、ウルのジッグラトに似せた悪趣味な設計だ。ドローンがふたりを追尾しているのが、上空に見える。サッカー部と諜報部を掛け持ちする千鳥は、息も絶え絶えのミキを振り返りつつ、涼しい顔で疾駆する。

 来たときと反対側の壁に通用門を見つけたミキは、爆薬を蝶番のまわりに接着させ、起爆する。

 ふたりが敷地の外へ出ると、八人乗りの黒いヴォクシーが車道に急停止した。ドアがひらく。二列めにきららと氷雨が座り、ミキの担任である並木が運転席でハンドルをにぎる。

「はやく乗って!」きららが叫ぶ。「離脱するわよ」

 氷雨がマックブックを操作するのが、ミキの目に入る。

 渡りに船ではあるが、タイミングよすぎる。

 おそらくミキのアイフォンにアクセスし、位置情報などを傍受していたのだろう。

 気にいらない。

 ミキは呼びかけを無視し、早足で新浦安駅へむかう。さしものジェーンも、天下の往来で実力行使に出るとは思えない。

 背後から氷雨の低めの声がとどく。

「怪我してるよ。手当てしてあげる」

 ミキは左手を見る。手のひらに深い傷を負っており、指先まで血で濡れている。柱の破片かなにかで切ったのかもしれない。




 氷雨はヴォクシーの中で、ミキと向かい合わせに座っている。傷口を洗浄し、包帯を巻く。

「ありがとう」ミキが言う。「手際がいいね」

「道場のちびっ子がしょっちゅう怪我するから」

「自宅が剣道場なんだっけ」

「うん。入門希望なら大歓迎だよ」

「ボクの専門は剣じゃなくてこっち」

 セフティをかけて膝の上においたMP7を、ミキはこんこんと叩く。

 ミキの隣に座る千鳥が、向かいのきららに体を寄せて言う。

「七星剣がセレブリテにあった。やっぱりジェーンが黒幕だ」

 きららが答える。「現物を見たの?」

 千鳥はうーんと唸り、首をまわす。髑髏のタトゥーをいれた男、日本刀のキャリングバッグ、壊れたレンジローバー……。状況証拠はそろっているが、決定的ではない。

「警察に事情を話せば、強制捜査すると思う」

「すでに情報は提供したわ。氷雨ちゃん、例の動画を見せてあげて」

 氷雨はマックブックを反転させ、セレブリテ学園での銃撃戦を写した動画を見せる。警備用のドローンをハッキングしたらしい。

「ちぇっ」千鳥が言う。「あたしらは命懸けで戦ってたのに、高みの見物かよ」

「止めたはずよ。何度も」

「とにかく警察と話したい。犯人は相当やばい連中だ」

「その必要はないと彼らは言ってる。ちなみに今日から公安警察官が、私たち諜報部の四人を二十四時間体制で警護してくれるそうよ」

「はぁ!? それって監視じゃんか。まさかあたしらを疑ってんのか。きららは納得してんのかよ。国宝が盗まれたんだぞ。外国人に」

 きららはスマートグラスを外し、眼鏡拭きでレンズを拭く。ふたたび掛けなおし、落ち着いた声で言う。

「この際はっきり言うけど、あなたたちがよその学校で実弾射撃したのを不問にするのは、簡単な交渉じゃなかった」

「はいはい、悪うございましたね!」

 ふてくされた千鳥は座席に身をあづけ、窓の外に目をやる。首都高速湾岸線を走るヴォクシーの車内を、沈黙が支配する。

 ミキが遠慮がちに尋ねる。

「あのう、きらら先輩」

「なに」

「さっき『私たち諜報部の四人』と言いましたよね。てことはつまり……」

「これだけ深く関わってるあなたが、仮入部のままじゃおかしいわよね」

「ありがとうございます!」

 氷雨は微笑し、包帯を巻いたミキの左手をやさしく撫でた。




 おかっぱ頭のアルテミシアが、地下室でノートPCを操作している。コンクリートに囲まれた広間だ。

 スピーカーから水飛沫の音が響く。ジェーンがシャワーを浴びる様子が画面に映る。

 長いため息のあと、アルテミシアがつぶやく。

「うつくしい……まさに動くギリシア彫刻」

 ジェーンが浴室を出たので、アルテミシアは脱衣所が映るウィンドウを開く。それを画面半分に広げてちらちら窺いつつ、録画した映像を編集する。ジェーンの手足は解剖学的にありえない長さで、乳房は逆説的にゆたかだ。濡れた金髪が小さな頭にまとわりつき、濃厚な色気がただよう。

 アルテミシアが続ける。「目が眩みそうなほどまばゆいブロンド……」

 ぶあつい鉄製の自動ドアがひらき、Tシャツとショートパンツを着たジェーンが入ってきた。バスタオルで髪を拭いている。

 ESCキーに設定した機能で、アルテミシアは画面をエクセルのワークシートに切り替える。

 ジェーンが尋ねる。「ブロンドがどうかした?」

 何食わぬ顔でアルテミシアが答える。

「金色の髪に憧れるの」

「ブロンドでいいことなんて何もない。まして女の場合は。外見だけでバカだと思われるんだから」

「そんな」

「本当よ。私は黒髪の方が好き」

 ジェーンは、アルテミシアのボブヘアを撫でる。

 呼吸の乱れを隠し、アルテミシアが言う。

「でもアジア系の女性は、髪の色を明るくしたがる」

「理解できない。民族的アイデンティティを捨て、白人のふりをするなんて」

「特に日本では多いわね」

「猿と娼婦しかいない。この国は」

 せせら笑うジェーンが、セレブリテ学園の黒いセーラー服に着替える。服を着たあと、刀掛台にある唐風の拵の七星剣をつかむ。

「あなたは」アルテミシアが言う。「この任務に志願したと聞くわ。でも日本とゆう国が嫌いみたい」

「そうね、反吐が出る」

「なぜ志願したの」

「決まってるじゃない、これよ」

 ジェーンは左手で短いスカートの裾をもちあげる。

「え、なに」

「セーラー服よ! アメリカじゃ着れない」

「まさかそれが理由なの」

「おかしい? 数年前に『エンジェルウォーズ』って映画を見たとき、いつか絶対着ると決意した」

「あなた本当は日本が好きなんじゃ……」

 ジェーンはその言葉を聞き流し、地下室の奥にそびえるタワー型の装置へ近寄る。タッチスクリーンをそなえた平らな制御卓の上に、鞘から抜いた七星剣を横たえる。

 ブザーが鳴り響き、警告文が画面に流れる。首都圏の地図が表示され、浦安市を中心とする半径約五十キロメートルの範囲が赤く点滅する。

 ジェーンが振り返り、アルテミシアに言う。

「テスラシステムを起動するわ」

「冗談はよして」

「アメリカ政府職員が多数死傷するなどの非常時にかぎり、システムの使用が認められる。CIAが採用した作戦の一環よ」

「私にはできない。どれほどの被害が出るか」

「あら、いい子ぶるわね」

 長身のジェーンは尖った顎を突き上げ、アルテミシアを見下ろす。青い瞳に冷たい光がやどる。

 アルテミシアの背筋が凍りつく。

 ひょっとしてジェーンは知ってるのか。自分が彼女を盗撮していることを。

 ハリウッド仕込みの笑顔でジェーンが言う。

「なにも今すぐ大量虐殺をおこなうわけじゃない。システムを使えるか確かめるだけ」

「上層部の直接の命令がないと……」

 壁一面を覆う星条旗を右の人差指でしめし、ジェーンが尋ねる。

「あなたはアメリカを愛してる? 神に誓える?」

「もちろん」

「私がアメリカを愛するよりも?」

「それは……わからない」

「私は神に誓える。地上の誰よりアメリカを愛していると。だから私の意志は、アメリカの意志」

「危険な思想だわ」

「仮に危険だとしても、それが真実なの。アル、あなたは私のことが好き?

「変なこと聞かないで」

「私を愛してる? 忠誠を誓える?」

「突然どうしたの」

「答えなさい」

「あ、愛してるわ!」

 アルテミシアは席を立ち、糸で操られた人形の様にふらふらと操作卓へ近づく。スクリーンキーボードでコードを入力すると、卓上にある七星剣のスキャンがはじまる。

 しかし、センサーの光の動きが途中で止まった。

 ドナルドダックが画面に大写しとなり、こちらを指差してしゃがれ声で笑う。

 ジェーンが尋ねる。「異常の原因は?」

「コンピュータを強制終了させるコマンドが、七星剣の表面に仕込まれてたのかも……」

「ガッデメッ!」

 ジェーンは拳銃のファイブセブンをヒップホルスターから抜き、全弾二十発を操作卓へ撃ちこむ。ガラスや液晶が砕け散る。国宝の七星剣が大きなダメージをうけなかったのは、僥倖でしかない。

 そばかすが残る頬を紅潮させ、ジェーンが叫ぶ。

「あの眼帯女! あと一歩のところで!」

「落ち着いて。これが平手ミキの仕業かわからない」

 ジェーンはアルテミシアの喉元をつかみ、椅子の背もたれに押しつけて言う。

「どこまで無能なの? 『わからない』と『できない』しか言えないの? ノロノロしてたら、NSAのコンピュータオタクに手柄を奪われるのに」

「ごめんなさい……私が甘かったわ」

 ジェーンは首から手を離す。アルテミシアは赤く腫れた喉をさすり、呼吸を快復する。

「ふふっ」ジェーンが笑う。「あいつらいい度胸だわ。それだけは認めましょ。こうなったらもう、手段を選んでられない」




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

外本健生/昌子春『ピッチディーラー -蹴球賭場師-』

 

 

ピッチディーラー -蹴球賭場師-

 

作画:外本健生

原作:昌子春

掲載誌:『ヤングマガジン』(講談社)2017年-

単行本:ヤンマガKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

異色のサッカー漫画である。

主人公は、東京VERSUSに所属するゴールキーパーの「新堂龍司」。

ルーキーながら開幕戦のスタメンに抜擢された。

 

 

 

 

新堂は好セーブを見せるが、0-2で試合終了。

中心選手の滝・ハルク・佐々木とともに、暗い表情でロッカールームにのこる。

 

 

 

 

ホペイロ(用具係)が手入れしたスパイクを運んできた。

ところがシューズケースをあけると、中に数千万円分の札束が。

 

本作は、サッカー賭博にかかわる八百長をテーマとする。

漫画としては前代未聞のストーリーだが、海外ではよくニュースになる話だ。

 

 

 

 

作者は、八百長に手を染める4人を「プロフェッショナル」としてえがく。

彼らは世界各地の情報を掻き集め、完璧なシナリオを練る。

 

 

 

 

ボールを蹴るだけがサッカーじゃない。

女を取り合う選手同士の競争心を煽るなどして、試合をコントロールする。

 

荒唐無稽な設定だが、ドロドロした世界観のリアリティは、いかにもヤンマガ的。

 

 

 

 

シュートを防いだと見せかけてポストに当て、

ゴール前に走り込んできた相手選手の足許へころがす。

わざと引き分けたと観客に悟られない様にする「スーパープレー」。

 

いまだかつてないスリルを味わえるサッカー漫画だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03