びみ太『田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる』

 

 

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる

 

作者:びみ太

掲載サイト:『ジーンピクシブ』(ピクシブ)2018年-

単行本:MFC ジーンピクシブシリーズ

[ためし読みはこちら

 

 

 

長いタイトルがだいたいすべてを語っている作品。

大学生の「航平」は夏になると、従弟の「圭」や祖母がいる田舎へゆく。

ひとりっ子だからか、圭は航平にベタベタとなつく。

 

 

 

 

圭は体が大きくなっただけでなく、なぜか髪をのばしていた。

つい航平は、そこに女っぽさを感じてしまう。

勿論、ついてるモノはついてるので錯覚なのだが、

日焼け跡がくっきりのこる肌などを見ると、理解できなくもない。

 

 

 

 

本作はツイッターへの投稿から派生したらしい。

ゆえに瞬発力重視の作風であり、堅牢なストーリーアークは存在しない。

たとえば、圭の父母が存命かどうかなどは1巻に言及がない。

セクシャルな刺激を存分に駆使した作品といえるだろう。

 

 

 

 

作者はあとがきで、背景作画のアシスタントをしていたと語るが、

本作では田舎の風景を前面に出し、自身の強みをいかしている。

たしかに、そこかしこでハッとする様な瞬間風速を計測できる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タチ『真面目ガールと青春ランジェリー』

 

 

真面目ガールと青春ランジェリー

 

作者:タチ

掲載誌:『コミック電撃だいおうじ』(KADOKAWA)2018年-

単行本:電撃コミックスNEXT

[ためし読みはこちら

 

 

 

高校1年の「蘭」が、下着というファッションを通じて、

未知の世界へ飛びこんでゆく物語である。

マジメさを匂わすヘアピンが、キャラデザのいいアクセントだ。

 

 

 

 

蘭はこれまで、母が買ってきたジュニア用ブラしか着けたことがない。

しかし高校入学を期に、意を決してランジェリーショップへ突撃。

応対してくれた店員の「そららさん」は、商売熱心をとおりこし、

まるで宣教師の様な口ぶりで下着の魅力を語るのだった。

 

口癖の「甘い考えです!」は、そららさんの蘊蓄がはじまる合図。

 

 

 

 

採寸してもらったところ、蘭のサイズは「A65」。

俗にいう貧乳だ。

しかし、そららさんが見つくろったバルコネットブラは、

自分のカラダをすてきに演出してくれる。

 

蘭が典型的な「貧乳キャラ」でないのが、本作のキモ。

下着は着用者の内面ちかくに寄り添い、彼女を自己肯定感でみたす。

 

 

 

 

勿論、作者お得意の百合要素もてんこ盛り。

蘭のいる試着室に闖入してきたのは、金髪ツインテのハーフ少女、

「小阪ジェラルディーン」、愛称「ジェリー」。

蘭とあわせてランジェリーコンビの誕生だ。

 

 

 

 

ジェリーには下着をコレクションする趣味がある。

意気投合したふたりは放課後、下着ファッションショーをしたり、

ランジェリーパーティをしたりしてすごす。

 

たがいの下着姿を真剣に見つめ合うシーンは、危険なほどエロティック。

 

 

 

 

JK同士のおしゃべりのたのしさも、作者ならでは。

そららさんの妹「うみみ」は、下着に独自のこだわりがある。

「見えないおしゃれ」と言えば聞こえはいいが、

本来下着は補正のため着用するものであり、見せびらかすなど本末転倒。

大人ぶって舞い上がっていた蘭は、正論をぶつけられ動揺する。

 

「キス」をテーマに、個性的な世界観を提示した『桜Trick』同様、

本作も一点突破の迫力がみなぎっており、非常におもしろい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

柴嶺タカシ『黒のカミサマと白のアデプト』

 

 

黒のカミサマと白のアデプト

 

作者:柴嶺タカシ

掲載誌:『コミックアライブ』(KADOKAWA)2018年-

単行本:MFコミックス アライブシリーズ

[ためし読みはこちら

 

 

 

ごく普通の高校生「悠真」が放課後の校舎裏へゆくと、

そこに銀髪のセーラー服の少女がいた。

少女は「コード」とよばれる魔法をつかい、キツネとともに浮遊する。

 

 

 

 

彼女の名は「叶奏(かなで)」。

国の機関ではたらく魔法士である。

この世界をむしばむ瘴鬼とたたかっている。

 

 

 

 

こちらは幼なじみの「みなか」。

オカルト研究会に所属しており、胸が大きいのが特徴。

悠真を一途に慕うが、どうも相手は好意に気づいてない。

 

 

 

 

着衣でも十分魅力的なキャラデザだが、本作はサービスカットたっぷり。

触手で責められる場面まである。

ただし、とぼけた会話でわかる様に、ガチの陵辱までは至らない。

 

 

 

 

精神汚染されたみなかが嫉妬に狂い、悠真に襲いかかる。

かといって反撃もできない、スリリングなシーンだ。

 

 

 

 

褐色肌の幼女「クロ」は、悠真をサポートする神姫。

仔犬の様に無邪気に主人になつく。

 

 

 

 

本作は、柴嶺タカシのオリジナル作品としては初単行本となる。

後書きで「好きなものを色々ぶち込んだ」と述べており、

良くいえばにぎやか、悪くいえば詰めこみすぎな仕上がりだ。

 

それはともかく、3話扉絵の入魂の下着の描写などをみると、

描きたいものを思う存分描けるよろこびが横溢していて、すばらしい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

カモトタツヤ『鬼のまにまに』

 

 

鬼のまにまに

 

作者:カモトタツヤ

掲載誌:『まんが4コマぱれっと』(一迅社)2018年-

単行本:4コマKINGSぱれっとコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

19歳の大学生「総司」が、祖父が遺した土地をはじめて訪れると、

そこには古いお堂があり、ツノをはやした鬼が棲みついていた。

 

 

 

 

幼女みたいな外見の鬼の名は「あいら」。

こう見えて140歳。

総司は立ち退くよう要求するが、あいらは聞く耳もたず、

めずらしい来訪者に興味をもち、妙になついてくる。

 

 

 

 

本作は、文字どおり「鬼かわいい」をめざす4コマ漫画である。

ロリロリな鬼っ娘とお風呂にはいるなど、夢の様な生活のはじまりだ。

恋人のいない総司は、ぐいぐい攻められて当惑するが、

相手は合法ロリとはいえ罪悪感はぬぐえず、どうにか堪える。

 

 

 

 

こちらは総司とおなじ大学へかよう「ささら」。

ツノを隠してるが実は鬼っ娘で、あいらのライバルとなる。

 

 

 

 

「心を鬼にする」「勝負の鬼」「鬼に金棒」「鬼のいぬ間に洗濯」……。

鬼は日本文化の深いところに棲みついている。

そしてときにはコケティッシュに、僕たちを誘惑する。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  ロリ 

TALI『ナナジン』

 

 

ナナジン

 

作者:TALI

掲載誌:『別冊ドラゴンエイジ』(KADOKAWA)2018年-

単行本:ドラゴンコミックスエイジ

[ためし読みはこちら

 

 

 

ショートカットの女子高生「ナナ」が、墓地で祖父に挨拶をしていると、

何者かと戦闘をくりひろげる長い髪の少女がフッ飛ばされてきた。

 

 

 

 

血まみれの少女の名は「イツカ」。

ナナとは中学時代の親友だが、行き違いがあって疎遠になっていた。

イツカが誰と、そしてなぜ戦っているのかはわからない。

それでもナナは助太刀すると即断。

 

 

 

 

「ナナジン」とは七神、つまり七福神のこと。

毘沙門天などが憑依した少年少女たちによる、

命懸けのバトルロイヤルが本作のテーマだ。

 

ツインテだったり不良だったり、ナナジンたちのデザインが凝っている。

 

 

 

 

天真爛漫でキラキラした、ナナのたたずまいが本作のウリ。

ころころ変わる表情をながめるだけで楽しいヒロインだ。

 

 

 

 

ラブコメの要素もある。

ナナジンはたがいに殺し合うのだが、そこに恋愛感情もからむ。

 

 

 

 

イツカと堅い友情でむすばれたのは、いじめから守ったのがきっかけ。

この中学時代のエピソードにおけるナナも印象ぶかい。

 

 

 

 

作者TALIは、原作担当のタカフミと作画担当の銀子によるコンビ。

言われてみると確かに、ストーリーとデザインのそれぞれでフックを感じる。

その分、統一感は比較的弱いかもしれないが。

 

とにかく、百合要素ありのバトルロイヤルものとして、

江島絵理『少女決戦オルギア』ファンなどに推薦したい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03