座紀光倫『少年の残響』

 

 

少年の残響

 

作者:座紀光倫

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2016年-

単行本:シリウスKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

天使の歌声をホールに響かせるのは、

オーストリアかどこかで活躍するアウゲンブリック少年合唱団の面々。

聴衆には感動の涙を流すものも。

もともと孤児院だった寄宿学校で、少年たちは音楽と勉強をまなぶ。

 

 

 

 

彼らが習得したのは声楽だけではない。

銃器のあつかいかたを仕込まれ、暗殺を請け負う。

その報酬で寄宿学校は運営されている。

 

わかりやすく言えば本作は、ショタ版『GUNSLINGER GIRL』。

 

 

 

 

表現は全体的にアーティスティック。

少年ひとりひとりの心象風景を、各話でえがく。

第1話のミヒャエルは、殺された母の記憶にすがって生きている。

 

 

 

 

くせっ毛のエーリヒは極端なあがり症。

しばしばステージ上で卒倒する。

 

 

 

 

指揮者をつとめるクリス先生は、エーリヒを心配している。

先生は元団員で、暗殺仕事の引率もする。

少年らしい体つきをながめる視線が倒錯的だ。

 

 

 

 

暗殺のオペラを演じるとき、エーリヒは強気。

もうすぐ死ぬとわかってる人たちなんて、こわくないから。

 

 

 

 

エピソードとしては第3話が秀逸。

可憐な容姿を買われ、娼婦のふりをしてターゲットにちかづくカルルと、

初老の客のあいだに奇妙な心の交流が生じる。

男色をさらっとキレイにえがいており感心した。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『兄に付ける薬はない! -快把我哥帯走-』

 

 

兄に付ける薬はない! -快把我哥帯走-

 

出演:中村悠一 雨宮天 小野賢章 森永千才

監督・脚本:ラレコ

原作:幽・灵

アニメーション:徳丸尚子

アニメーション制作:イマジニア ファンワークス

[PVはこちら

 

 

 

美形だが頼りがいのない兄と、おなじく美形だが暴力的な妹の、

仲が良いのか悪いのかわからない関係をえがく5分アニメ。

『やわらか戦車』で知られるラレコが監督をつとめる。

 

 

 

 

4話から急にラブコメ色が濃くなった。

妹の「シーミョ」は、学食でお金を貸してくれた男に一目惚れ。

 

 

 

 

学食へ行くたび、ついその男をさがしてしまう。

見つけたらお金返して、お礼言って、名前聞いて、それから、それから。

兄に対しては乱暴なシーミョだが、恋に恋する乙女でもあった。

 

原作は中国のWeb漫画

日本のアニメに毛沢東が映ったのは初めてかも。

 

 

 

 

夕方の校舎裏で、さがしていた「カイシン」にばったり出くわす。

まさに少女漫画のワンシーン。

 

 

 

 

ああああののののここここれ、しょしょしょしょくどうでお借りしたおおおお金……。

視聴者の予想をこえる狼狽ぶりが可愛い。

カイシンがしめした親切心についてシーミョは勘違いしており、ますますおかしい。

 

 

 

 

カイシンは兄の友人だった。

空気を読まずに顔を出し、いつものドタバタ兄妹コメディにもどる。

話はどうってことないが、キビキビした動きが見ててたのしい。

 

 

 

 

……なにこれ。

シーミョがぼそっと一言。

 

黒髪ロングで、シーミョと外見までそっくりな雨宮天がハマり役で、

最高に魅力的なヒロインをつくりあげている。




テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

雪子『鳩子のあやかし郵便屋さん。』/西岡さち『ざしきわらしと僕』

 

 

妖怪が出てくる4コマ漫画を2作紹介。

はじめに雪子『鳩子のあやかし郵便屋さん。』(バンブーコミックス/ためし読みから。

かわいい郵便屋さんが、街に棲息する妖怪たちと交流する話。

 

イマドキは河童もタブレットをつかう。

水掻きが邪魔でミスタッチが多いけれど。

 

 

 

 

雪子のえがく女子は、かわいい系とゆうよりキレイ系。

たとえば猫又の「ここね」は、ノースリーブが似合う美人。

服は変幻術による効果なので、実際は素っ裸らしい。

 

 

 

 

九尾狐の「葛葉」も負けてない。

もふもふのしっぽを触らせてくれるなど、やさしい性格。

 

 

 

 

海にうかぶ不知火は、火傷するから触るのは無理だけど、

夜景にハートマークをえがくなどメッセージを送ってくる。

 

同作者による百合漫画『ふたりべや』に共通する空気が心地よい。




 

 

 

 

つぎは西岡さち『ざしきわらしと僕』(まんがタイムコミックス/ためし読み

小学5年の「裕貴」は、両親が離婚して田舎の祖母の家に預けられることに。

そしたらおかっぱ頭の座敷わらしがいた。

 

 

 

 

近所に住む年上の「希ちゃん」がやってくる。

座敷わらしを抱えて応対したら、彼女には見えないため妙な誤解をまねく。

 

『あやかし郵便屋さん』は、主人公が妖怪社会に仲間入りするが、

本作は、妖怪が人間社会に根を下ろす様子をおもしろおかしく描く。

 

 

 

 

本作は西岡さちの初単行本。

インタビューによると和歌山在住で、地元でロケハンしてるらしい。

緑ゆたかな風景、活発な女の子、ちんちくりんの妖怪が共存する世界観は、

作者の力量を感じさせる。





テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 

冬目景『空電ノイズの姫君』

 

 

空電ノイズの姫君

 

作者:冬目景

掲載誌:『月刊バーズ』(幻冬舎)2016年-

単行本:バーズコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

デビュー25年のベテランの新作は、意外にもバンドもの。

セーラー服のギタリスト「保坂磨音(まお)」が主人公だ。

5歳のとき両親が離婚して、いまは父とふたり暮らし。

ミュージシャンである父からギターを習ったので、クラッシックロックが得意。

 

 

 

 

音楽雑誌の編集者をしている父の恋人と、車内で話す。

マオはギターが好きだが、職業にする気はない。

父をちかくで見て業界の大変さをわかってるから。

 

冬目景の作風は抑制的。

父の恋人との関係なんておいしいネタだが、

会話の空気感から関係性を汲み取れと、そっけなく読者に提示する。

テーマが「JK×バンド」でも、あずにゃんペロペロ的な方向とは真逆。

繊細で、しっとりした感触。

 

 

 

 

こちらは「支倉夜祈子(はせくら よきこ)」。

『羊のうた』の千砂に代表される、吊り目で黒髪ロングのキャラクター。

作者の十八番だ。

歌が上手なので、いづれマオとバンドを組むことになりそう。

 

 

 

 

とびぬけた美貌を妬まれた夜祈子は、イジメに遭う。

靴を隠されたりノートを破られたり、手口が昭和っぽい。

夜祈子はSNSをやってないので必然的にそうなる。

 

冬目作品の反時代性は、超時代的だ。

ただし本作は、アナクロニズムをトリックにつかうなど一筋縄でゆかない。

 

 

 

 

とぼけた雰囲気の女子の日常は『イエスタデイをうたって』に、

ファム・ファタールがひとびとを翻弄するのは『羊のうた』にちかい。

幻想性はひかえめで、初期の傑作群を髣髴させる。

冬目景のセーラー服には、だれもかなわない。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

むく『ひなたすたでい。』

 

 

ひなたすたでい。

 

作者:むく

掲載誌:『コミック電撃だいおうじ』(KADOKAWA)2015年-

単行本:電撃コミックスNEXT

[ためし読みはこちら

 

 

 

「国枝ひなた」は28歳の家庭教師で、小学4年生の「みらい」に教えている。

生徒より背が低いため、指導するときは台に乗る。

 

 

 

 

理科の授業のあと、ホットココアかなにかを飲みつつ休憩。

カップから立ちのぼる湯気をみて、ならった内容を復習する。

教師と生徒の相性は抜群だ。

 

 

 

 

ふたりで文房具屋さんでお買い物。

女子なら筆記用具にこだわりたい。

 

作者は勉強とゆう堅苦しいテーマを、ほのぼの4コマにうまく落としこむ。

みらいのボーイッシュな服装もみどころ。

 

 

 

 

学校の友人である「なつめ」が遊びに来た。

勉強中だからと追い返すと、雨樋をつたって2階のベランダから侵入。

 

おなじく『だいおうじ』連載、ガヴドロのサターニャを髣髴させる。

 

 

 

 

プールへゆく11・12話では、小学生らしい水着姿を披露。

「ももか」のセーラーワンピース系の水着がかわいい。

 

 

 

 

ひなた先生は教え上手。

ここぞとゆうタイミングで頭をナデナデし、やる気を引き出す。

でも誰にでもやさしいので、みらいは嫉妬する。

 

 

 

 

大人ぶるロリと、ロリっぽい大人が、二人三脚でがんばる百合。

かわいいもの好きにとって至福の4コマだ。





テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  ロリ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03