死刑制度は通り魔に悪用される

6月10日午後1時ごろ、大阪ミナミの繁華街で通り魔殺人がおきた。

ふたりの男女が犠牲となつた。

 

礒飛京三(36)は抵抗せず現行犯逮捕された。

自殺しようと包丁を買つたものの踏ん切りつかず、

たくさん殺せば死刑になるだろうからやつた、と供述している。

 

死刑存置論者は、それが抑止力や制裁や遺族感情の慰撫になると主張するが、

いかに空疎な妄言であるか、すこし反省してほしい。

 

 

 

簡単にいうと、死刑は悪人をすみやかに抹消するシステム。

ただその機能を国家に委ねれば、モラルハザードが生じる。

 

悪人は、善人になるべく自力で更生すべきだが、

もしそれが不可能なら自殺する義務がある。

すくなくとも礒飛はそうかんがえた。

だが死刑制度が、自殺のインセンティヴをよわめた。

 

 

 

この制度は、いわば暴力の共産主義だ。

殺人を国が計画し、管理する。

 

歴史がすすみ、社会科学が発展し、旧制度の非効率はあきらかとなつた。

人間というケダモノは、野放しにした方が、

社会というサファリパークをうまく機能させられる。

 

 

 

……不謹慎だつて?

かもしれない。

政治屋のツイートより誠実なはずだが。

 

 大阪 ミナミの繁華街での殺人事件、犠牲になられたお二人とご遺族に

 心からご冥福をお祈りするとともに、この許しがたい極悪犯罪の再発防止、

 最近の大阪の治安悪化を早急に改善することを知事、府警、市長に強く望みます。

 ジュリアーニニューヨーク前市長は連邦政府のせいにせず取組み成果を上げた!

 

参議院議員・片山さつきの、ツイッターでの発言。

遺族に対し、冥福をいのつてやがる。

ついでに殺すな。

いまだ訂正せず。

 

 

 

以前書いたが、「冥福をいのる」のは支那の風習で、日本人の精神と無縁。

だから「ふたりの死がかなしい」、そう書くとよい。

でも書けない。

ちつともかなしくないから。

でもなにかオシャベリしたい。

だからメーフクメーフクピーチクパーチク鳴きちらすが、

鳥のさえづりほどの価値もない、不毛な信号にすぎない。

 

 

 

殺人が殺人をよぶ、暴力連鎖国家の檻にとじこめられ、窒息しそうだぜ。




関連記事

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03