『ミッドナイト・イン・パリ』

 

 

ミッドナイト・イン・パリ

Midnight in Paris

 

出演:オーウェン・ウィルソン レイチェル・マクアダムス マリオン・コティヤール マイケル・シーン

監督:ウディ・アレン

制作:スペイン・アメリカ 2011年

 

 

 

 

自称映画通は、老巨匠に迎合する。

イーストウッドの駄作の群れを、バカみたいに持て囃したり。

蛾が電灯にむらがる様に、安全牌をほめそやす。

 

ウディ・アレンは76歳。

足腰立たなくとも藝歴は半世紀、映画なんて鼻歌まじりで撮れる。

しかしもう、慾望がない。

何時間カメラをまわしても、そこになにも写らない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-vlcsnap-2012-05-26-15h32m14s131.jpg

 

 

オーウェン・ウィルソンは、観光でパリにきた作家志望の男。

午前零時の鐘がなり、1920年代へ時間旅行。

ピカソにダリにヘミングウェイにフィッツジェラルドにジョセフィン・ベイカー。

藝術の黄金時代へ!

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-vlcsnap-2012-05-26-15h36m55s13.jpg

 

 

「ボクは2010年代からきたんです」といつても、おどろかれない。

ダリの言動の方が超現実的だから!

『ミッドナイト・イン・パリ』は、老巨匠の現実逃避。

でもすごくたのしい。

回春剤をもちい愛の営みをする男を、だれも責められない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/20120526160716f8c.jpg

 

 

「死をおそれるな」とヘミングウェイにおそわる。

さすがの説得力。

アレンに訓戒をたれる人間は、もうこの世にいない。

なら死者を喚べばよい。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-vlcsnap-2012-05-26-15h48m16s33.jpg

 

 

元祖フラッパー娘、ゼルダ・フィッツジェラルドがすてきだつた。

自殺をウィルソンにとめられる。

綱渡りみたいな人生と時代を、嫌味なく肯定する映画だ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/6-vlcsnap-2012-05-26-15h33m04s123.jpg

 

 

老巨匠は大抵、女優えらびで妥協し、失敗作をのこす。

レイチェル・マクアダムスは本作でもひどかつた。

でもボクのすきなレア・セイドゥが出ててうれしい。

アレン先生、まだ枯れてないですね!




関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03