阿部共実『空が灰色だから』

 

 

空が灰色だから

 

作者:阿部共実

掲載誌:『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2011年~

[単行本は「少年チャンピオン・コミックス」として、第一巻まで刊行]

 

 

 

 

ギャグ漫画家という名のドン・キホーテがいる。

さかしまでリアルな、時代の鏡像をえがき、世界を転覆する。

 

『空が灰色だから』は、阿部共実によるオムニバス作。

まづ第七話「ひとりぐらし」をとりあげる。

 

 

 

 

とある大学生が借りたマンションの家賃は「一万円」。

ワンルームに、ラップ音とポルターガイストつき。

でもめげない。

「10年代ならではの怪奇現象」が見たいとさ。

 

 

 

 

幽霊が期待にこたえ、テレビを「ニコニコ動画」状態とする。

ゼロ年代前半に存在せず、20年代に消えている現象を、

漫画というメディアに鏤刻する。

「ニコ厨」の悪霊じみた不気味さが、炙りだされる。

 

 

 

 

 

 

 

「夏がはじまる」は、女子バレー部のエース「右澤秋」の話。

中三なのに、身長183センチ。

作者は八重歯をこのんでかく。

思春期の象徴かな。

 

 

 

 

バレー部強化のため、男に女装させたという噂が。

「異性装」も、10年代の定番ネタ。

 

 

 

 

異性が苦手な「肥田」が、きやすく男男とからかう。

悪意はないが、くどい。

 

 

 

 

実は、傷ついていた。

セクシャリティは、アイデンティティの骨幹をなす。

性は暴力的。

萌え文化のもつ、軽薄さと残酷さが曝露される。

 

 

 

 

 

 

 

 

第八話は、もてない女子高生三人組が、不毛な議論をする。

「どうしたらモテるんだ」

「外見さえ良ければ寄ってくる」

あつさり正鵠を射る。

 

 

 

 

でも思案はとまらない。

「かわいい考え方ってなんなんだよ!」

「本当に…かわいいってなんなんだろうな…」

 

時代と寝て、夜更けに毒を盛る、英雄的な娼婦。

それがギャグ漫画家。

虚飾は剥ぎとられ、内面は抉られ、

現存在の根底にひそむ不安が、白日のもと晒される。





空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/03/08)
阿部 共実

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03