電池を食べる男、中田ヤスタカ

音楽ジャーナリズムによると、小室、つんく以降空席だった「J-POPの王座」にちかぢか中田ヤスタカ(以下ystk)が座ることになるらしい
みじめったらしい救世主待望論だな
そううまくことが運ぶかよ馬鹿め
音楽業界の不振はウンコみたいな音楽をたれながしつづけた業界人たちの自業自得なのだ
まあそれはともかく、そこまで期待されるystkとはいったい何者なのかさぐってみた


Perfumeとystkの微妙な関係(ニコニコ動画)

今回のエントリのタイトルはPerfumeのかしゆかの証言に基づく
滑舌は悪いが服だの美容だのデザインだのystkワールドは全開
当時中学生だったPerfumeの緊張をほぐすのに苦労するなど、意外と気配り上手なところに感心
滑舌は悪いが


顔合わせの前に鈴木亜美をDJイベントに呼びつけたystk

かつて一世を風靡したアイドルに対して「プロデュースしてやるから俺のDJ見にこい!」
普通逆だろペーペーのくせに…
極楽とんぼ山本があこがれていたアイドルも下僕としてあつかうystk


愛用の機材について語るystk

意味不明なソフト名がならぶが、下のほうにystkの創作の秘密が

>僕は「曲を作りたくなる!!」という事は、曲作りが好きかどうかより、
>「そこに座って作業したくなるかどうか!?」が重要だと思うんです。
>自然とそこに座りたくなるような物を揃えるという。形から入ったほうが僕はいいと思います。

かっこいいystkの作業部屋


ystkのコード進行の秘密

ハ長調だかミヤコ蝶々だか知らないが、我慢して読むとまたystkを知るための鍵が

・テクノ系の曲でも、「A-B-サビ」という歌謡曲のフォーマットはくずさない
・単にノリノリにするのではなく、曖昧な調性を用いてせつないムードをかもしだす

既成のジャンルにおさまらない、むしろ「ジャンルはオレ」なystk
「職業は寺山修司」なみのインチキ臭さかっこよさ


さらにミュージックマガジン2008年1月号のインタビューでも、
「クリエイターはユーザーを馬鹿にしてる人が多い」「みんな本気でモノを作るべき」と吠えている
ようするに己の直感を信じる心の強さがystkの創作活動の源泉のようだ
ありきたりな結論でどうもすみません
みなさんも電池を食べて仕事にはげみましょう

FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03