鶴田謙二『冒険エレキテ島』

 

冒険エレキテ島

 

作者:鶴田謙二

掲載誌:『漫画BOX AMASIA』(講談社)、『月刊アフタヌーン』(同)2011年11月号~

[単行本は「アフタヌーンKC」として、第一巻まで刊行]

 

 

 

飛行機、美女、SF。

三大元素が融合し、鶴田謙二的世界がうまれる。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0002_20111027115724.jpg

 

主人公の「みくら」はパイロット。

複葉機のソードフィッシュで、伊豆諸島と小笠原を行き来する、

ちいさな航空便の会社を、祖父ブライアンと運営していた。

ブライアンは三年前に亡くなる。

つまり白人とのクォーターらしく、もつれた家庭の事情をにおわせるが、

そこは叙情派ツルケン、俗な話題をクダクダと語らない。

鬼気せまる描きこみから感じてくれ、と言わんばかり。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0012_20111027125408.jpg

 

島の老人からおそわつた、太平洋を周遊する、海図にない島。

その名は「エレキテ島」。

遭難したはずのブラじいも、そこにいるのでは?

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0004_20111027115723.jpg

 

レイダーで網をはり、連日待ちかまえるところにあらわれた、謎の島。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0005_20111027115723.jpg

 

でもそれは、夢だつたのか?

だれも信じない。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0006_20111027115723.jpg

 

満身創痍でも、鼻息荒い。

「おじいちゃんつ子」のヒロインつてのがよい。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0007_20111027115651.jpg

 

第一巻後半は、ツルケンなりに、女パイロットの日常をえがく。

仕事をわすれエレキテ島研究に没頭し、電気をとめられる。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0008_20111027115651.jpg

 

海流がどうたらのSF物語がすすむが、

アクビはでないし、むしろ繰りかえし読みたくなるのは、

みくらの長い手足と、なまめかしい曲線のおかげ。

作者がどれだけ丹精を凝らそうと、「科学」はあくまで背景。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0009_20111027115651.jpg

 

手がかりをもとめ、母校の「御蔵島小中学校」へ。

雲の彼方をみつめる瞳。

つい恩師への思慕を口ばしり、校長にあやしまれる。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0013_20111027125408.jpg

 

横須賀あたりでミニ同窓会。

酒癖の悪さがステキだ。

六年前に台風で消息を絶つた流郷先生も、エレキテ島にいつたんだ。

同級生はドン引き。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_0010_20111027115651.jpg

 

翌朝ちよつと後悔。

祖父といい、中学の先生といい、近くて遠い男に執着する様だ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/20111027144356187.jpg

 

イルカにつけた発信機のデータから、ついに周回ルートを割りだす。

大慌てで前髪を切る、みくらなりの女心。

『冒険エレキテ島』は、鶴田の十年ぶりとなるオリジナル作。

「寡作の天才」という(不)名誉をさづかる彼にしたら当然だし、

作品そのものが謎の島みたいでおかしく、妙に読みごたえがある。

ボクらのすぐ隣りに、はるか遠境から宝物が漂流してきても、

身過ぎ世過ぎにかまけ、いつも見落してばかり。

そんな事実に、気づかせてくれる。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03