なでしこリーグ 第11節 ベレーザ-エルフェン狭山

 

なでしこリーグ 第11節 日テレ・ベレーザ-ASエルフェン狭山FC

 

結果:6-0 (3-0)

得点:27分 岩渕真奈 31分 伊藤香菜子 36分 木龍七瀬

    46分 永里亜紗乃 79分 岩渕真奈 80分 永里亜紗乃

会場:大和スポーツセンター競技場

 

 

 

ドリブル。

伝家の宝刀は錆びている。

こないだまで松葉杖をついてたから、驚くに値しない。

ボールを呼びこみ、四方に散す。

ゴールキーパーの取りこぼしを狙い、詰め寄せる。

手負いながらも獰猛なケダモノが、そこにいた。

得点時をみると、岩渕真奈のふた蹴りが、

雌雄を決した最大の因子とわかる。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/001_20111003095754.jpg

十一時半の開場前でこの行列!

 

エルフェンの陣形は「3-4-3」。

緑のブルドーザー、木龍七瀬が怖くないのか?

両側面は無防備で、ムダ毛処理をわすれたまま、

水着でたわむれるギャルの様だ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/002_20111003095753.jpg

席を確保してから、大和駅前をうろつく

 

あつけらかんと互角の勝負をいどみ、それなりに渡りあい、

ぶっちーがあけた堤防の穴から、木龍に蹂躙される。

原菜摘子と伊藤香菜子はリズムをつかさどり、ときに鋭いソロを聞かせた。

右側面で長船加奈が、つまやかに釣りあいをとる。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/201110030957539e6.jpg

 

81分、井手上麻子と番がわり。

例によりツーンとすました顔つき。

「まだまだ、ウチはこんなもんぢやない」

ベンチで小林弥生姐さんに胸をドツかれる。

「もつと素直に喜びなさいよ!」

客席で吹きだした。

弥生さんはケガのくるしみを、誰より知つてるから。

あせつて体を追いこんだら、返り咲く日は遠ざかる。

でも運動選手にとり、じつとしているのが一番つらい。

長びけば、調子が戻らなければ、もう代表に選ばれない。

対抗馬は数あまた。

たとえば川澄に離され、京川に抜かれる。

でもデキた先輩に恵まれた点で、この十八歳は数歩先んずる。


関連記事

テーマ : 岩渕真奈
ジャンル : スポーツ

タグ: 岩渕真奈 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03