虚妄の映画ブログ界 ―― KLYと賢者のコメント

『エンジェル ウォーズ』(アメリカ映画 2011年)

 

善意で先月、映画ブログ『LOVE Cinemas 調布』を紹介したところ、

血迷つた管理人のKYにトラックバックを削除されたので、

むこうのリンク先の全ブログに報復として、消された記事のURLを貼りつけた。

深夜のコピペ爆撃。

上空から炎の海をながめつつ、ふとおもう。

ひよつとして、おなじことをKY自身もやつてないか?

トモダチ百人と、一対一で向きあえるものなのか?

 

http://blog-imgs-37-origin.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/20110416132752a1c.png

ジェナ・マローン、エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ

 

焼跡におりたつ。

敵地へ潜入するため。

 

 

索敵殲滅せよ!

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-23h25m18s158.png

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(アメリカ映画 2011年)

 

『ハリー・ポッター』シリーズは、メガネの魔法使いがウロチョロする話。

KYは記事の冒頭でこう述べる。

 

完璧です。

私が完結編に期待していた全ての要素がそこにはありました。

 

善い魔法使いが悪い魔法使いを、

魔法で懲らしめるという以外の、どんな要素があるのかな?

ともかくKY先生、自ブログにコメントした人間にはきちんと返している。

以下に日時の順でならべる。

 

完璧でした。
私が「ハリー・ポッター」という映画に求めていたもの全てがそこにありました。

 

7月16日0時4分

『カノンな日々』へのコメント

 

「です」を「でした」に変えたあたりに、工夫がみられる。

 

最後の最後に来てようやく期待していたハリポタが観れた感じです。

こういうのが観たかったんだよなぁ。

 

7月16日21時12分

『我想一個人映画美的女人blog』へのコメント

 

「求めていた全て」のフレーズがない稀有な例外で、

KYにしては良心的だが、投稿日時がすごいので引用。

下のコメントとの間隔、わづか三分!

「馬鹿も休み休み言え」という言葉を知らないらしい。

 

全てはこの1本のためだったというぐらいに有終の美を飾った傑作だと思います。

自分がハリポタに求めていた全てがありましたよ。

 

7月16日21時15

『日々“是”精進!』へのコメント

 

KYは「有終の美」つて言い回しも大好き。

 

ここ数作はちょっと…みたいな感じが多かったですが、

最後の最後で私がハリポタに求めていた全てを観ることが出来たように思います。

 

7月16日21時27分

『たいむのひとりごと』へのコメント

 

ちなみに割愛部分も重複多数。

 

ハリポタに期待していたもの全てが揃っていたパーフェクトな作品だったです。

 

7月16日21時40分

『悠雅的生活』へのコメント

 

「完璧」を「パーフェクト」にするなど、語彙の豊かさに感服した。

 

それにしても完全に私がハリポタに欲していた要素が全部揃っていた感じです。

 

7月16日21時55分

『Akira's VOICE』へのコメント

 

今度は「完全」か。

 

とにかくハリポタに期待していた全てが揃っていた感じで

もう有終の美を飾る作品としては大満足♪

 

7月16日22時24分

『とりあえず、コメントです』へのコメント

 

「有終の美」も一文におさまり、KYファンには嬉しいコメント。

 

従ってこの最終回はもう完璧でした。

私がこの映画に求めていた要素の全てが満たされていたと思っています。

 

7月19日23時57分

『迷宮映画館』へのコメント

 

私はあなたのコメントに満たされたよ。

 

私は映画がハリポタの世界の全てなんですが、

魔法合戦も謎解きも全ての面で求めていたものを観られて大満足です。

 

7月28日1時45分

『いやいやえん』へのコメント

 

八日空いたせいか、「魔法合戦」とかまじつて新鮮。

 

おもしろかった~!

もうね私がハリポタに求めてたもの全てがあった!

 

7月28日19時18分

『みすずりんりん放送局』へのコメント

 

……ふう。

読者の皆さん、お疲れさまでした!

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-23h23m04s128.png

レイフ・ファインズ

 

オレはこの件でKYを責めはしない(その資格もない)。

自分には実在する難病の子どもと、その家族を愚弄する「自由」があると、

堂々胸をはる人間なのだから、こんな悪ふざけはカワイイもの。

哀れなのは、怪しい呪文にバカ正直にこたえる連中。

まさに白痴だ。

「2ちゃんねる」では、改変コピペにマジレスするのが一番バカにされる。

 

え、当人が楽しければそれで良いつて?

そうだね、そうかもね。

延々つづく不気味な詠唱にも、意味があるんだろう。

だから彼らは、胡散くさい秘密結社にみえる。

映画ブログ界、それはインターネット上のホグワーツ。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-23h28m28s10.png

『大鹿村騒動記』(日本映画 2011年)

 

新作『大鹿村騒動記』の公開三日後に、原田芳雄が死んだ。

映画ブログ界は涎をたらし狂喜乱舞!

おいしいネタだから。

同時期にオレは音楽評論家・中村とうようについて書いていたが、

執筆中に彼が自殺したという報道が耳にはいり、

おもしろエッセイの末尾で、その死に触れざるを得なくなつた。

木に竹を接ぐ結果となり、落胆した。

営業妨害で、死者を訴えたいくらいだ。

追悼文を書くのはつらい。

視界は暗闇になり、胃は捩じ切れそうになる。

KYはこんな風に送別の辞をものす。

 

11日舞台挨拶には出席されたものの声が出ず、

石橋蓮司さんにメッセージを読んでもらっている様子はテレビで観ていたが、

よもやそこから僅か数日で逝かれてしまうとは…。

最後の主演作品を心に刻むべく丸の内TOEIに足を運ぶことに。

 

どうも薄ら寒い。

まさかと思つたが、一応しらべてみた。

 

 

 

今日『大鹿村騒動記』を観てきました。

原田さんの最後の芝居を心に刻むために。

 

『ラムの大通り』へのコメント

 

気のせいかこの作品て原田さんのアップが多い気がするんですよね。

彼の色んな表情を心に刻みました。

 

『京の昼寝~♪』へのコメント

 

オレが附言することは何もない。

KYブログの締めの部分から、さらに引用。

 

まさか今日の訃報を予期した訳ではないだろうが、

何だかいくつもの遺影を観ているような気になってしまった。

 

「訃報を予期した」とか書ける、神経の太さを見習いたい。

 

まるで亡くなるのを予期していたかのように原田さんのアップが多いんです。

色んな表情を見せてくれました。

 

『迷宮映画館』へのコメント

 

エンドロールのフリーズ映像、まるで何枚もの遺影を観ているかのようで

思わず涙がこぼれてしまいました。

 

『カノンな日々』へのコメント

 

刻まれたのは、自分のコピペだつた。

ゴールデン街の寵児・原田芳雄の生死に、オレはまるで関心ない。

なのにはじめて喪失感をおぼえた。

原田さんよ、死ぬには良い時期だつたかもな。

こいつらにアンタの芝居をみせたところで、むなしいもの。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-22h18m56s93.png

『エンジェル ウォーズ』

 

もうウンザリだ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-22h25m11s240.png

 

死肉を喰らう、魂なきゾンビの群れ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-23h48m47s211.png

 

とりあえず一匹トドメを刺した。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-08-01-22h24m20s139.png

 

でもこの戦いの、出口はみえない。


関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03