『黄色い星の子供たち』

ウド・シェンク

 

黄色い星の子供たち

La Rafle

 

出演:メラニー・ロラン ジャン・レノ ガッド・エルマレ ラファエル・アゴゲ

監督:ローズ・ボシュ

制作:フランス 2010年

 

 

 

フランス映画だが、アドルフ・ヒトラーを格好よくえがく。

孫子を引用して、ヒムラーをやりこめたり。

子どもにやさしく、冗談もうまい。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h28m51s116.png

 

ローズ・ボシュは女流監督。

ヒトラーという存在から逃げていない。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h22m28s206.png

 

八千の外国籍ユダヤ人をとじこめた、パリの「ヴェル・ディヴ(冬季競輪場)」。

水が不足し、便所もつまり、医者は三人のみ。

そんな豚小屋に数日留めおかれた。

ホースの点検にきた消防士が、独断で罪なき囚人に水をふるまう。

彼らには人助けの本能があるのだろう。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h34m58s206.png

 

フランス憲兵隊は、ドイツ親衛隊の支援をうけながら、

祖国なき民をテキパキと引越しさせる。

戦術に関心があるので、勉強になつた。

四桁五桁の人の群れを、強制的にうごかすのは大仕事だ。

「たまにはフランス人もやるものだ」と、几帳面なドイツ人は感心した。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h17m50s251.png

ラファエル・アゴゲ

 

そんな皮肉をいうのは、オレは「ユダヤもの」が嫌いだから。

この民族は七十年前の悲劇を、世界に対する債権とみなし、

利息をブクブクふくらませながら、いまだ政治とカネ儲けに毎日運用する。

ユダヤ人だけが正義なのか?

ホロコーストの映画は、逆にユダヤ人害悪説の證明になつてないか?

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h36m37s122.png

 

鬼の形相でさけぶ母。

心つめたいオレも、涙がとまらなかつた。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/IMG_20110723172217.jpg

 

当時十一歳で検挙されるが、収容所からの数少ない生還者の一人となつた、

ジョゼフ・ヴァイスマンは、孫と一緒にちらりと出演している。

パリ十八区の撮影現場では、呼吸がとまるほど打撃をうけ、慟哭した。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h22m58s204.png

 

のちに、自分の役をつとめるユーゴ・ルヴェルテを紹介されたとき、

ユーゴ君は老人の目をしつかり見つめ、

「あなたにガッカリされない様にしたいです」といつた。

十一歳では、ヴィシー政権がどうとか難しくてわからないだろう。

でもときに少年の澄んだ瞳は、真実をさぐりあてる。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h33m33s107.png

 

ジャン・レノは、とらわれの身で治療するユダヤ系の医者。

娯楽作の多い彼は、この配役におどろいた。

本人としても、教訓的な作品は避けてきたとか。

モロッコからの移民だから、国家の名のもとに発言するのが怖くて。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h19m44s79.png

 

頭のよい役者なのだな。

現代でも、社会は醜悪だ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h16m05s189.png

 

赤十字社が派遣した看護婦に扮するメラニー・ロランとの間に、

恋心めいた情感がただよい、おもわず嫉妬。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h16m36s244.png

 

『PARIS』もそうだけど、メラニーは年上の男がにあう。

あまりに奇麗すぎて、ケツの青いガキでは手におえない。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h31m33s151.png

 

アネット・モノは実在した看護婦。

英雄的な人で、戦後は死刑や拷問への反対運動に身を投じ、

生涯にわたり人間の不寛容と戦いつづけた。

メラニーは、泣きながら脚本を読んだあと、

すぐ監督に電話したが、動揺のあまり何もいえなかつた。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h32m27s39.png

 

「世界一うつくしい」という形容が、過大評価にならない女優。

これまでも彼女の美貌を称讃してきたし、

オレより書けるやつがこの世にいるかと思うほどだが、

本作は瞳の光に両断されそうで、ちかよりがたい。

 

たとえ映画だと分っていても、子供たちをこのように扱い、

車両に乗せることに我慢ができませんでした!

私は泣き、怒りに溢れ、車両に上って子供たちを外に救い出したいと思い、

同時にものすごい怒りが私の中に燃え上っていたのです

……タランティーノ監督の作品(『イングロリアス・バスターズ』)では

できなかったことをできるチャンスが突然与えられたのです。

 

映画プログラム

 

その痩躯は感情にたえきれず、帯状ヘルペスを全身に発症させた。

薬が効きすぎ痙攣をおこすが、それでも芝居をやめない。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h20m25s183.png

 

ところで昨晩、ある方からメールをもらつた。

よそのブログに無用なケンカを売り、憎悪にまみれるオレを心配してくれた。

――映画はたとえ実話にもとづいても、キレイに演じた「作りごと」だと思います。

マジになつても仕方ないのでは。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h21m22s116.png

 

彼女が伝えようとする、深い意味はわかるつもり。

しかし本当にそうなのか?

「作りごと」のため、オレは人生の少くない部分を浪費したのか?

骸骨の様に痩せ、墓場に片足を突つこみながら、よろよろ走るメラニー。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-07-23-15h34m03s245.png

 

この悲愴なうつくしさより、真実味のあるものつて何だ?

御存じなら、どなたでもよいので教えてください。


関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03