この世で一番大切なこと

 

 

 

晋の霊公は、覇者として名を轟かせた文公の孫。

おさなくして即位したので、大夫趙盾が摂政となり、

群雄あい争う春秋の世に、よく内外をおさめた。

しかし霊公長ずるにいたり、奇行が目につきだす。

熊の掌が半煮えのまゝ食膳に供されたところ、

憤激した君主は、その場で料理人を殺し、袋につめ捨てさせた。

望楼から街をながめているとき、悪戯をおもいついては、

弾き玉をとばし、にげまどう市民に笑いころげた。

 

 

とはいえ、これだけで暗君とするのは点が辛すぎか。

料理人にも非はあるのだし。

趙氏との権力闘争が、非難の背景にあるのかもしれない。

あれはダメ、これもダメと、しつこく諌める趙盾を憎み、

ついに霊公は暗殺をくわだてる。

おかゝえ力士の鉏麑が、刺客にえらばれた。

 

 

明け方ちかく、鉏麑は音ひとつない屋敷にしのびこむ。

寝室は戸があいたまゝ。

やれる。

中をのぞくと、もう出仕前の支度をとゝのえ、

端坐しながら假眠をとる趙盾の姿が。

 

 

隙なし。

たしかに趙盾は、恭敬の心の持ち主にみえる。

人民に慕われる政治家を殺してよいのか?

かといつて、君命には逆らえない。

力士は庭の槐の幹に頭をうちつけ死んだ。

のちに趙氏が桃園に反攻し、霊公は弑された。

 

 

支那の歴史は、つきせぬ智恵の宝庫だ。

以上の逸話から、この世で一番大切なことをまなべる。

それはつまり、早寝早起き。

 

 

 

松枝茂夫・訳『左伝』(徳間書店)を参考にしました。


左伝 (中国の思想)左伝 (中国の思想)
(1997/02)
不明

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03