折れた翼で ―― アジアカップ決勝 オーストラリア戦

 

AFCアジアカップ カタール2011 決勝 オーストラリア-日本

 

結果:0-1(延長戦後)

得点:109分 李忠成

会場:ハリーファ国際スタジアム

[テレビ観戦]

 

 

 

日本の優勝がきまつたとき、オレの心境は複雑だつた。

どちらかというと、悲しみの占有率が高い。

損耗が大きすぎたから。

 

 

グループステイジ・シリア戦では、松井大輔を。

 

 

準決勝・韓国戦では、香川真司をうしなつた。

「日本のデルピエロ」の負傷は、シーズンの残りを無にかえるほどで、

なぐさめの言葉も容易にみつからない。

日本代表は両翼をひきずり、ヨロヨロと決勝の舞台に這いのぼる。

 

 

右バックのルーク・ウィルクシャーが、手負いの鴉を猟銃でねらう。

オーストラリアの8番が、この試合の主役といえる。

 

 

臆せず敵地に陣取れば、日本の9番・岡崎慎司に空き家を襲われもする。

だがおしなべて、ウィルクシャーが優勢だつた。

 

 

アルベルト・ザッケローニ監督の手駒に、飛車角はない。

蒼い鴉は、もう飛べない。

盾として岩政大樹を投じ、ひたすら延命をはかる。

この策があたつたとサッカー通の間で評判だが、

今野泰幸が配置換えをこばんだ結果にすぎず、単なる偶然だ。

このチームに魔法使いはいない。

 

 

 

 

 

……ただひとりを除いて。

109分。

遠藤保仁が左の野原でピクニック。

 

 

急遽、左翼に転属となつた長友佑都は、この日も粉骨砕身のはたらき。

翻弄されるウィルクシャー。

豪州うまれの猟師の喉笛は、尖つた嘴で食いちぎられた。

 

 

デイヴィッド・カーニーを、三方から難詰する。

オーストラリア英語にくわしくないが、罵詈雑言をあびていると想像がつく。

「コアラの糞でも食つてろ!」とか。

 

 

 

戦果をあげた日本代表の監督と選手は、「成長」なる二文字を好んで口にする。

当方サッカーのシロウトだが、そんな美辞麗句を信ずるほどお人よしではない。

チームや選手は、成長しない。

ただ、浮き沈みがあるのみ。

「期待の若手」はおだてられ、セレブ気取りのウスノロになる。

「世界のナニガシ」は、傲慢さゆえ孤立し、チームを瓦解させる。

「名将」は、運を実力ととりちがえ、時代遅れの戦術で敗北をかさねる。

例をあげよう。

 

 

2007年、ベトナム。

アジアカップ準々決勝・オーストラリア戦。

手前の遠藤は、画像を捏造したわけではないので、信用されたい。

お気に入りの場所らしい。

 

 

世界の中村俊輔があげたボールを、高原直泰がきめて同点。

つづくPK戦は、「4-3」で日本が勝利した。

 

 

だれが「成長」したというのか。

あらぶる獅子のごときストライカーを缺く分、退化したくらいだ。

 

 

 

 

 

試合後に長友が、香川のジャージをかかげる。

鼻先で力闘をつづけた二十一歳の熱情を、よく知つているから。

うつくしい光景だ。

でも、どこか悲しい。

 

 

ザッケローニ監督の契約期間は、本人の希望をうけての「二年」。

単身赴任だそうで、ヨーロッパに帰る気は満々。

だからこそ雑巾をふりしぼる様に、チームのすべての力をフィールドにそそいだ。

ACミランやレアル・マドリーからオファーがくれば最高だし、

カタール代表監督として、いまの十倍の年棒をもらえるかもしれない。

無論、カタールでの仕事なんて暑いだけで最低だが、

すくなくともJFAとの契約延長の交渉で優位にたてる。

要するに、先のことはわからない。

 

 

……ただひとりを除いて。

ヤットだけは、荒波に飲まれることなく、フワフワ漂いつづけるはず。


関連記事

テーマ : アジアカップ
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03