正義の鉄槌 ―― なでしこリーグ 第18節 浦和レッズ-ベレーザ

 

なでしこリーグ 第18節 浦和レッドダイヤモンズレディース-日テレ・ベレーザ

 

結果:3-0 (1-0)

得点:18分 岩渕真奈 66分 山口麻美 82分 大野忍

会場:埼玉スタジアム2002

[現地観戦]

 

 

 

おそらく、受けた教育がちがうのだ。

オレが生きてきた文化圏では、大の男が集団で女を恫喝するのは卑劣だとおそわる。

しかし、八月二十九日に浦和レッズサポーターがみせた醜態は、

ちつぽけなオレの常識をはみだしていた。

うつくしいものを見ようとスタジアムにでかけたら、この世でもつとも野蛮なものを見た。

根にもつタチなので、いまだに許せない。

「SHOW」と名乗りブログを運営する人物を標的にさだめ、

画像をもちい反論の余地なく批判したが、謝罪も訂正もひきだせなかつた。

この男(サポーターつてのは大抵男だ)、オレに対しては「修正」をもとめたくせに、

自分のブログは一文字も、完全に證明されている誤謬すら正さない。

どこまで卑怯なのか!

そしてオレは、なんと無力なのだ!

石の裏にひそむワラジムシ一匹、文章の重みでは踏みつぶせない。

 

 

 

 

 

試合まえの撮影をおえた岩渕真奈が、靴の紐をやけに気にしている。

いつも、そのふるまいばかり見てるからわかる。

キミがこの日に、どれほどの情熱を注いでいるのかを。

めづらしく、主審の笛に不服そうな顔をする。

もし彼女にふれたら、肌は熱く、総毛だち、手のひらが傷ついたろう。

電光石火。

岩渕が18分、代表出場93試合の山郷のぞみを破る。

優勝をその右足で、確固たるものにした。

正義の鉄槌がくだされた。

 

 

 

 

 

埼玉スタジアムでの、一向にもりあがらない「優勝セレモニー」。

賞金五百万円が授与され、ベレーザの選手だけは狂喜乱舞!

このあとの打ち上げを豪勢にできるし、あたらしいコートとかも買えるかも!?

なのにムッツリしているぶっちー。

本当に、サッカーにしか興味がないんだね。

謝罪や訂正がどうとか言つてる自分が情けなくなる。

キミのそのスピードには、とてもではないけど追いつけそうにない。


関連記事

テーマ : 岩渕真奈
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03