荒野の法務部員 ― 「フィクサー」をみて

seibu

フィクサー
Michael Clayton
(2007年/120分/アメリカ・イギリス)
出演:ジョージ・クルーニー トム・ウィルキンソン ティルダ・スウィントン
監督:トニー・ギルロイ

ジョージ・クルーニーの代表作ってなんだろう?
大物風をふかせているわりには、これといった作品はおもいうかばない
本作は地味でかれの代表作にはならないだろうが、最高傑作にあげられてもおかしくはない
主人公はニューヨーク最大の法律事務所につとめる弁護士
法律家といっても法廷にたつことはなく、クライアントの不祥事をもみ消すというよごれ仕事が専門
う~ん、企業社会の闇にいきる男…おいしい役だ
法律映画もいろいろあるがめずらしい題材にちがいない
しかもギャンブル癖があり、サイドビジネスの失敗で多額の借金をかかえているという設定
老後の資金をかかえて人生に満足したエリートでは、観客が感情移入できないという配慮だろうか
ちょっと安易な気もするけれど
有能だけど、みたされていない一匹狼の物語
現代的なひねりをくわえつつもハリウッド映画の王道であります

事務所があつかっている30億ドル相当の農薬会社の集団訴訟に関して事件がおこる
担当の弁護士がクライアントを突如うらぎり、良心にもとづいて企業犯罪を告発しようとする
主人公はこの問題を闇にほうむるという任務をあたえられるが、事態をおもくみた農薬会社の法務担当者は極端な手段にでる…といったところがあらすじだ
キャスティングにこまったらシェイクスピアの国に電話しろということで、良心にめざめた弁護士にトム・ウィルキンソン、農薬会社の法務部本部長にティルダ・スウィントン様と、イギリス人を起用
両者とも重厚かつリアルな演技で、作品にふかみをくわえている
そしてめでたくティルダ・スウィントン様がオスカーを獲得

ああティルダ様
逆三角形の頭蓋骨や歯ならびのわるさもふくめて、この世のものとおもえないほどうつくしい
大企業の管理職という役にあわせ、おもしろ味のない髪型、ださいスーツ、地味なアクセサリー
高級品(のように見えるもの)をそろえつつおばさんくさくみせている
最後のシーンでの白いストッキングが印象的だった
凡百の女優ならおこって衣装をかえさせるところだが、偉大なミューズはださい服でもかがやく
よろよろとくずれおちるティルダ様をながめながらおれは昇天するのだった
ただし率直にいうと、かの女が人を殺めるまで追いつめられたのは理解できない
絶対にありえないとはいわないが、30億ドルだって個人で負担するわけではないしね
アカデミー会員たちも、あのヘブンリーな美貌にまどわされたのではないだろうか
ティルダ様ならありだと
そもそも農薬会社の訴訟なんて新聞記事にするにしても地味な題材だ
でもかの女が演じるとギリシャ悲劇なみのなまなましい説得力が

参考資料:ティルダ様のゴシップ記事
年上の男とのあいだにふたりの子供がいて、年下の恋人がいるらしいが結婚経験はなく、みんなでいっしょに生活したり旅をしたりしているらしい
ぼくにはよく理解できないボヘミアンな世界ですが、ティルダ様ならありです

プロデューサーもつとめるシドニー・ポラックの演技ももちろんすばらしい
飄々として清濁あわせのむかんじの法律事務所経営者で、こんなボスの下ではたらいてみたいとおもわせる芝居ぶり
この秀作のボトムをしっかりとささえている

監督は「ボーン」シリーズなどの脚本でしられるトニー・ギルロイ
これが初監督作で、いかにも脚本家あがりっぽい凝ったシチュエーションの場面展開がつづく
とはいえ、ラストの盛りあがりには気迫がみなぎっていた
拳銃を法律書類にもちかえたガンマンが最後の決闘にのぞむといった流れのシークエンス
組織と自分の地位をまもるために悪をなしたティルダ様のあわれな運命がきわだっていた
これだけのカタルシスをえられるラストシーンはひさしぶりだ

作品におおいに満足したので600円でプログラムをかった
よみかえすことはまずないが、まあお布施のようなものとかんがえている
何人かの書き手が映画について文章をつづるといういつもの形式
作品のテーマ、役者について、映画史上の位置づけ、専門家(本作では弁護士)による感想とか
いつよんでも駄文ばかり、というかおもしろくないのでまともによみもしない
ところが今回は自称映画評論家・細越麟太郎氏の文章にびっくりした
文法的に日本語といえない、みているだけで目がくさりそうなトンチンカンな印象文
金をはらって買うものにこんな意味不明の文字列を印刷するくらいなら、写真だけのせてくれ
だれもよまないからって手をぬいてもばれないとおもってるのか!
編集を担当した株式会社東宝ステラに怒りを禁じえない
またこんなゴミをうりつけたら集団訴訟をおこしてやるぞ

[新宿武蔵野館で鑑賞]
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03