緒戦 ― Fリーグ 第1節 エスポラーダ北海道-名古屋オーシャンズ

 

Fリーグ 第1節 エスポラーダ北海道-名古屋オーシャンズ

 

結果:2-2 (0-1)

得点

【北海道】22分 嵯峨祐太 40分 水上玄太

【名古屋】17分 ルイス・ネゴン 30分 ラファエル・サカイ

会場:国立代々木競技場第一体育館

[現地観戦]

 

 

 

サッカーのスタジアムではめつたに見られない様な、

オシャレな水色のノースリーブをきたお嬢さんとすれちがう。

自然の摂理にしたがい、ボクの視線は黒のミニスカートの下へ。

彼女の長い生足は、筋肉で覆われていた。

なるほど、あなたもフットサルをやつてるのね。

いまや通俗化したサッカーとは、似て非なる競技「フットサル」が、

日本の若者むけのカルチャーとして広まりつつあるのを実感した。

音楽が、丹下健三設計の吊り天井で反響して、腹につきささる。

まるでコンサート会場だ。

立ち見もでるほど詰めかけた観客の最大のお目当ては、

名古屋オーシャンズにくわわつた二十四歳のポルトガル人、リカルジーニョ。

クリスティアーノ・ロナウドの小技とキック力、メッシの電光石火のスピード、

そして岩渕真奈の貪欲さを兼ねそなえた名手だつた。

 

 

 

戦後を代表する建築を、どよめきが満たす。

試合開始早々から何度も、エスポラーダの嵯峨祐太が、

ゴールキーパーのシャツをきて闖入した。

パワープレー。

強引にフィールドプレーヤーの数を「五対四」にかえる。

はじめてフットサルを見るボクでさえ、

ろくに規則すら知らなくても、それが奇策だとわかつた。

ピッチの片側に敵をおいこみ、ひたすらパスをまわす。

リーグ三連覇中の、自他ともにみとめる「絶対王者」、

名古屋オーシャンズの矜持を傷つけるために。

 

兵士はあまりにも危険な立場におちこんだ時にはそれを恐れず、

行き場がなくなった時には心も固まり、深く入りこんだ時には団結し、

戦わないではおれなくなった時には戦う。

だから、そういう〔苦難におちこんだ〕軍隊は

〔指揮官が〕整えなくともよく戒慎し、求めなくとも力戦し、

拘束せずとも親しみあい、法令を定めなくとも誠実である。

 

『孫子』九地篇第十一(岩波文庫)

翻訳:金谷治

 

『孫子』でいうところの、「重地」を占める計略だ。

目くらましでもペテンでも、とにかくなにか手をうたねば、

試合の主導権など一分も与えてくれはしない。

 

 

 

累積ファールやタイムアウトをふくめた懸け引きもおもしろいが、

そこまで知つたかぶりしたら、フットサルギャルに怒られるので遠慮しよう。

そして、得点をもとめない「パワープレー」に応対するのにつかれ、

名古屋はみすみす勝ち点2をうしなつた。

フットサル観戦はおもしろい。

なにより、そこが屋内であることが最高だ。

屋根のないスタジアムで、猛暑にくるしむ日々がバカらしくなる。

小気味よいゴムの摩擦音。

せまいピッチでの目まぐるしい攻防。

華々しい技巧。

サッカーのオイシイところを搾つたジュース、それがフットサルだ。

 

3年前に発足した頃には、ハデな攻め合いの試合が多かったFリーグも、

昨年あたりから守備的な、勝負にこだわった試合が多くなっている。

また、そういう戦法が11人制のサッカー以上に効果的なのだ。

 

『J SPORTS』

「【後藤健生コラム】Fリーグ開幕戦、名古屋vs.北海道戦の論争」

 

ただおまけに、サッカーの難点を濃縮した苦味も舌にのこつた。

種目がなんであろうと、勝負ごとであれば本質はおなじ。

だからこそ、二千五百年まえの支那の兵書がいまだに読まれるのだし。





新訂 孫子 (岩波文庫)新訂 孫子 (岩波文庫)
(2000/04)
金谷 治

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03