『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

 

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

復仇 (英題:Vengeance)

 

出演:ジョニー・アリディ アンソニー・ウォン ラム・カートン

監督:ジョニー・トー

制作:香港・フランス 二〇〇九年

[新宿武蔵野館で鑑賞]

 

 

 

「Yahoo!知恵袋」で、おもしろい話題をみつけた。

「復讐殺人が起きないのはなぜ?」という質問に、多数の回答がよせられる。

もし愛する人を殺されたら、ボクならワタシなら、絶対犯人を殺しますよ!

そんなの、あたりまえぢやないですか!

バカがバカをおしえるバカ学校の、失笑必至の授業参観だ。

人間は、そんなに立派なものではない。

死者をとむらい、傷ついた自分の心をなぐさめる手段は複数あり、

そのなかで人は、可能なかぎりリスクの低いふるまいを選ぶ。

あたりまえの話だ。

だからこそ、「英雄」がたたかう物語の需要がある。

 

 

マカオにあらわれたフランス人、ジョニー・アリディ。

娘に瀕死の傷をおわせ、婿と孫をころした連中に復讐するため、

三人の殺し屋をやとい、みづからも銃を手にとる。

 

 

フランス人歌手のしやがれ声と、ジョニー・トー組の役者の視線が交錯する、

はりつめた空間に、失笑をはさむ余地はない。

 

 

 

冒頭でおそわれるシルヴィー・テステューは端役だが、

世界のすべての不幸をせおう様な演技は、

たとえほんの数分でも、否応なく観客の心のトリガーをひいた。

しかしこの奇妙な映画は、話がすすむにつれ、遺恨がうすれてゆく。

老いた父は、脳に障碍をおつているから。

 

 

ジョージ・ファン。

娘を殺させた男の名だ。

仇の顔をおぼえられないので、遊底にメモをした。

ときおり銃に目をおとし、標的が誰かたしかめるために。

もはや「ファン」が何をした男かさえ、記憶にない。

これより滑稽な復讐譚があるだろうか。

英雄が存在しない時代に、あえて映画作家は神話をつむぐ。

 

 

 

 

 

 

盾がわりの、圧縮した紙のかたまりを転がしながらの銃撃戦。

どう見てもこれはサイコロで、死闘も所詮は遊戯にすぎないことを、

ジョニー・トー監督は意地わるく強調する。

 

 

オモチャの要塞が包囲され、殺し屋はひとりずつ射止められる。

なんのために死ぬのか、当人もわからないまま。

依頼人はすべて忘れているから、契約をやぶられても困らない。

たとえ任務を完遂したところで、だれも幸福にできない。

それは、アガリのないすごろくの様なものだ。


関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03