『てぃだかんかん』

 

てぃだかんかん

 

出演:岡村隆史 松雪泰子 吉沢悠

監督:李闘士男

制作:日本 平成二十二年

[新宿バルト9で鑑賞]

 

 

 

沖縄の珊瑚礁をみたダイバーが、「真つ白でキレイ!」と叫ぶのをきき、

主人公を演ずる岡村隆史は、言葉もなく幻滅する。

サンゴの白化は死を意味することさえ、しらないのかと。

そして彼は、「サンゴの養殖」という前代未聞の企てにとりくむ。

本作は、金城浩二氏の実際の活動にもとづく物語だが、

登場人物が、金の心配ばかりするのがおかしい。

環境をまもるには金がいるが、地球は銀行口座をもたないから。

いまはやりのエコロジーなのに、奇麗ごとではない。

舞台が沖縄なら、それでよいのだ!

CGではえがけない、エメラルドの海。

どんな照明器具より重宝する、太陽光。

たとえ身も蓋もない話でも、水と光がすべてをつつみ、うつくしく輝かせる。

 

 

 

われらヤマトンチュは、なぜかウチナンチュを理想化し、

沖縄は善人だけが住む島とおもいたがる。

ありがた迷惑とは、まさにこのことだ。

だから沖縄ヤクザの抗争が題材の、北野武監督作『ソナチネ』(平成五年)は、

偏見を逆手にとつた映画として評価できそうだ。

あの日差しのしたで人は苛立ち、そして暴発する。

 

 

ヤクザ顔の國村隼は、本作では漁業組合の組合長の役。

島中の愛人にうませた子供が四十人いて、

全員あつめて一つのマンションに住まわせる、剛の者だ。

六月公開の北野監督のヤクザ映画、『アウトレイジ』にも出演した。

 

 

 

ちなみに岡村隆史には、すでに三つの主演映画がある。

お笑い稼業の片手間に、アルバイト気分でつとまる仕事ではない。

撮影初日。

午前三時にオールナイトニッポンの生放送をおえ、

六時の便で羽田をたち、九時に沖縄に上陸。

その足で知念漁港にむかい、國村隼と対決した。

セリフが頭からとんで、なにもできなかつたらしい。

 

 

高利貸しの店先で、涙する岡村。

子供から「お腹いつぱい御飯をたべたい」といわれ、

サンゴをそだてる夢をすてるべきか迷う。

多忙なテレビの人気者ゆえ、たしかに散漫な芝居だつたが、

さえないけれど、ひたむきな男の生きざまが共感をよぶ。

これは、たけしには出せない味だとおもう。


関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03