いけださくら『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 

作画:いけださくら

原作:伏見つかさ

キャラクターデザイン:かんざきひろ

掲載誌:『月刊電撃G's magazine』(アスキー・メディアワークス)

二〇〇九三月号~

[単行本は第一巻まで刊行]

 

 

 

十年も昔だろうか。

出歩いているとき、街並みをながめながら、

「荒い作画だなあ」とつぶやいたことがある。

ドキリとした。

あわてて独白を書きかえた。

眼下の風景が現実で、さつきまで読んでいた漫画が虚構だと。

バリバリのオタク現役兵だつたころの話だ。

 

 

 

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は、伏見つかさのライトノベルを原作とする漫画。

高校にかよう京介と、その妹の桐乃を軸にまわる物語だ。

 

 

妹・桐乃、中学二年生。

有名ファッション誌の専属モデルをつとめる美貌をもつだけでなく、

陸上部のエースであり、かつ県内屈指の学業成績をほこる。

たわいもないが、ラノベなんて半文盲のオタクの慰みものなので、

現実味のなさについては、御容赦ねがいたい。

偏見?

まあそうだけど、ボクも『スレイヤーズ』から『アンナ・カレーニナ』まで、

ライトノベルやヘビーノベルにすこしは接してきたから、未読でもわかる。

 

 

妹の私物をひろつてあげようとした京介の手を、

すげなく払いのける桐乃。

コサインカーブの様な眉と、さかだつ数本の毛髪に、

傷つきやすいハリネズミの心性がこもる。

だからどうした、とも思うけれど。

ボクが現役のころとくらべ、オタク文化の市場規模は拡大したが、

その中身はかわらない、いやむしろ薄まるばかり。

内向きすぎる。

昔の漫画やアニメの引用に引用をかさね、真水と化した作品を、

けふのオタクは無理しておもしろがつている。

くさつた豆腐を「酢豆腐」とありがたがる若旦那みたいに。

オタク文化は、「9.11」をえがけなかつた。

日本の政権交代にもついてゆけず、

逆に「ネット右翼」となり、右翼団体のパロディを演じる。

そしていつまでたつても、カワイイ妹とどうしたこうした。

それが現実だ。

 

 

 

 

 

桐乃のつめたい態度は故あつてのこと。

実は彼女は、「妹物」のマニアだつた!

ハンドバッグには、18禁のエロゲー『妹と恋しよっ♪』がはいつていたから、

絶対に家族に触れられたくなかつたのだ。

しかし、ついに兄に秘密をうちあける時がおとづれ、

本棚の裏につくつた隠し場所を披露する。

 

 

「妹物」の魅力を、兄に教示する桐乃。

「妹物」がおかしいのか、それとも「妹物」を好きな妹がおかしいのか。

それとも、それとも。

内向きのオタク文化は、とうとう自己言及のパラドックスをおこし、

論理上の矛盾が時空に裂け目をつくる。

もはや「非現実的だ」という批判も意味をなさない。

 

 

お約束のツンデレーション。

「現実に兄のことを好きな妹なんているわけないでしょ?」

うん、そうだね。

でも現実つてなんだつけ?

 

 

 

身近に趣味を共有できる友人がいない桐乃は、秋葉原のメイド喫茶でひらかれた、

SNS(おそらくmixi)のコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」のオフ会に出席する。

 

 

ハンドルネーム「黒猫」、中学三年生。

桐乃いわく、「水銀燈のできそこない」。

しかし、こんな美少女とお知りあいになれるなら、

当ブログも、女子中学生限定のオフ会を開催しようかとおもう。

参加希望者はコメント欄にその旨をお書きください。

 

 

『星くず☆うぃっちメルル』と、『maschera ~堕天した獣の慟哭~』、

どちらがよいアニメなのか、侃侃諤諤の議論がはじまる。

 

 

取るに足らぬことで熱くなり、仲は悪くないのにケンカし、

死ぬほど退屈なのに楽しいふりをする。

そんなふたりの間柄に、強いて言うならば、

当世の空気を感じとることはできる。

でも、そんなオタクのゴタクはどうでもよい。

 

 

薔薇をせおつて登場した、ゴスロリ少女。

伝統工藝の域に達するお約束だ。

その黒髪の色艶。

十字架をあしらうワンピースの襞、フリルの陰影、革靴の光沢。

一本の描線に魂をこめ、自在に風景をかきかえ、

ただでさえ曖昧な、現実と虚構の境目をみだす。

華麗な黒魔法をつかいこなす漫画家というジョブは、

ボクにとつて、時代をこえたヒーローなのだ!





俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 (電撃コミックス)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 (電撃コミックス)
(2009/10/27)
伏見 つかさ

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03