外交官ベラスケス

 

ディエゴ・ベラスケス『白衣の王女マルガリータ・テレサ』

(一六五六年ごろ/油彩、カンヴァス)

 

まだ五歳のスペイン王女。

テーブルみたいな衣装は、グアルダインファンテと呼ばれるもので、

乳臭をのこす体に、性的な気配をそえる。

なにしろこの絵画は、彼女が嫁ぐことになつている、

神聖ローマ皇帝レオポルト一世のいるウィーンに送るための、

いわば一種の「見合い写真」なのだ。

背後の赤いカーテンと響きあう、胸もとのバラ飾りは、

イーゼルに向かい健気におすましする、

ちよつと退屈げな面持ちに視線をあつめる。

黄金色の巻き毛にかざられた、利発そうな瞳。

宮廷画家をつとめるベラスケスによる、三点の彼女の肖像画は、

数年にわたりハプスブルク家にとどけられ、

はれて十五歳となつた王女は、無事に輿入れした。

この絵のマルガリータは、顔の向き以外ほぼ同じ姿で、

かの有名な『ラス・メニーナス(女官たち)』に、画家とともに登場する。

ヨーロッパ絵画の代表作として、多士済々の学者や評論家が、

饒舌に深読みをするのにウンザリするが(リンク:悪い例)、

あれなんて、本業の手をやすめた画家が使い回しをした、

オアソビの小品にすぎない、なんて言つたら怒られるかな?

 

 

 

諸国の文化や精神に通じ、自国の評判をたからしめる術をしる。

すぐれた藝術家は、外交官としての適性をもつ。

二十四歳でマドリードの宮廷に参上したベラスケスは、

長年の宮仕えを耐えしのび、王室の家政管理にまつわる、

重要な役割をまかされるまでに出世する。

雇い主の顔を描くだけの仕事ではない。

二度イタリアをおとづれたときは、新旧の美術作品を購入したり、

教皇インノケンティウス十世の肖像を描いたりした。

宗教戦争で痛手をこうむつた同輩である、

スペインと教皇庁の関係をつよめる意味もあつたのかな。

上の絵は、国立新美術館の「THE ハプスブルク」展でみたが、

なぜあの家系がいまだに敬愛されるのか、すこしわかつた。

戦争ではなく、婚姻によつて帝国の所領をひろげ、維持する。

その華やかさと平安さが尊いのだ。

たしかに、度重なる血族結婚による遺伝的障害は無視できないが、

戦車と空母の数で、世界の秩序をまもろうと無益な努力をする、

現代の某帝国が、消滅の二百年後に尊敬を集めるなどありえない。

 

 

 

 

ディエゴ・ベラスケス『王太子フェリペ・プロスペロ』

(一六五九年ごろ/油彩、カンヴァス)

 

マルガリータ王女の弟君で、このとき二歳。

姉の肖像と対をなす様な作品だが、印象はかなり異なる。

椅子にかかるカーテンの赤味はくすみ、

バラ飾りのかわりに垂れさがる護符は、はかなさを強調する。

スカートのまわりの小さな鈴は、チリンチリンと鳴る音で、

王子の所在を近侍におしえるためのもの。

過剰なまでに、王位継承者の安全に気をはらつていた。

しかし病弱の王子は、二年後に癲癇の発作で夭折する。

この絵がのちの不幸を予言しているなんて言うと、

宮廷に生きたベラスケスに対しあまりに失礼だが、

肖像画家として有能かつ誠実すぎるがゆえに、

画材にかかわる運命までカンヴァスに留めたことは、否定できない。

遠からずしてスペイン・ハプスブルク家は断絶、

継承戦争をへて、フランス系のブルボン家に取つて代わられる。

ただその時すでに、侍従長ベラスケスは世を去つていた。


関連記事

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03