孤独を抱いて ― JFL 後期第12節 町田ゼルビア 対 武蔵野FC

 

JFL 後期第12節 町田ゼルビア 対 横河武蔵野FC

 

結果:1-2 (0-1 1-1)

得点者

【町田】後半44分 御給匠

【武蔵野】前半44分 冨岡大吾 後半13分 桜井直哉

会場:多摩市立陸上競技場

[現地観戦]

 

 

 

FC東京のユニフォームが散見する京王線。

調布の片田舎にあるくせに厚かましくも「東京」を名のる、

イカサマなクラブの支持者を尻目に、調布で乗りかえた。

真の都民がみるべき試合は、「東京ダービー」のほかにない。

橋本行きに乗車。

このごろの車内広告は、「債務整理」の四文字ばかりで鬱々とする。

あくどい金貸しのために色香をふりまいたグラビアアイドルは、

野暮つたいスーツの司法書士にとつてかわられた。

おもえば、サラ金だつてそう悪くもなかつた。

破産が日常茶飯事と化した時節とくらべれば。

電車やバスにのるたび、首をくくる日時を早めるかどうか、

なやまされる乗客が大勢いる。

一体全体、この街はどうしたのか?

快適なシャトルバスで缶チューハイをながしこむうち、

四月に岩渕真奈」という名の天使と邂逅した、多摩市立陸上競技場に到着。

いわば思い出の地だが、やけに陰気に感じられるのは、

男女のちがいか、季節のちがいか。

 

 

 

岩渕真奈の才能をはぐくむため(だけ)に存在する東京ヴェルディは、

読売グループの、プロスポーツ史上類がない見事な経営手腕のおかげで、

存続すらあやぶまれる体たらくだ。

十六歳の若さで、だれもがうらやむ天賦の才をもつぶっちーが、

サッカーをつづける確証をもてない現実をおもうと、胸がはりさけそうだ。

そんな平成二十一年。

東京都西部からJリーグ入りをめざす町田ゼルビアは、

後期いまだ負けなしと、上げ潮にのる僥倖にめぐまれた。

もし、勝ち点差2の武蔵野をひきずりおろせば、

帝都のサッカーの地殻変動を象徴する事件として記憶されるはず。

試合前のサポーターの士気も高まるばかり、と書きたいが、

席を確保したあと、外のベンチで休んでいたのでわからない。

サッカーは好きだけど、付随する儀式は退屈すぎるから。

音楽をたのしみつつ酒をのみ、写真をとつたりして過ごす。

 

 

MOON CHILDの「ESCAPE」をくりかえし聞いた。

もう十二年たつけど、これより東京らしい曲にまだ出会えない。

 

 

 

東京ダービーにかけつけた観客は、都の人口の0.01%にあたる1315人。

ゼロに等しいといえよう。

新宿駅にいた、あの群衆はどこに消えたのか。

オレは幽霊でも見たのか。

武蔵野は、エレガントな独裁者の太田康介を欠いたこともあり、

町田がフィールドの領有権を手ばなさない。

しかし。

前半終了まぎわと、後半開始すぐあとに失点。

サッカーを御存じのかたならお分りのとおり、最悪の展開だ。

原因は大分県にもとめることができる。

先週の天皇杯で、武蔵野はJ1に属する大分トリニータをPK戦まで追いこんだ。

大分市営陸上競技場で目の当りにした技術水準をおもいだしてからは、

つねに町田に一歩さきんじて、試合をきめる二得点をうばつた。

それだけの話。

 

 

 

後半44分、つまり追加時間にはいる直前、

百八十七センチの御給匠が、頭でゴールネットをはげしくゆすぶる。

ヘディングシュートはうつくしい。

足によるものより何倍も。

その場所をうばいあう雄々しさ!

陳腐な二次元の戦術をあざわらう、地表をはなれた崇高さ!

御給の得点は、勝敗にほとんど影響しなかつた。

そもそも試合に勝つたところで、今季のJ2昇格はない。

プロリーグをめざすとはいえ、選手のほとんどはアマチュアで、

地元の企業の情けで、サラリーマンとして雇われている。

もし数年後、幸運にもクラブがJリーグに加盟できたとしても、

大幅に選手はいれかわるだろう。

要するに、けふフィールドに立つた二十八人は、

サッカーの世界における成功者ではない。

二十代でメルセデスを乗りまわしたり、女子アナウンサーと結婚したりはできない。

誰ひとりとして。

それでも、驚嘆すべき得点はうまれる。

誰のためなのかは分らないが。

 

もう誰も癒せない

傷跡に降りそそぐ雨

そう君と秘密を分けあうように

ずっと孤独を抱いてくれ

 

MOON CHILD「ESCAPE」

作詞:佐々木収


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03