半世紀の空間 ― 藤枝雅『飴色紅茶館歓談』

 

飴色紅茶館歓談

 

作者:藤枝雅

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社) Vol.6~

 

 

 

 

 

本作の舞台、「飴色紅茶館」の店主である芹穂。

宝くじの賞金で開業したという、まるで漫画みたいな喫茶店をいとなむ。

童顔で、毒にも薬にもならなそうな二十五歳。

 

 

店員の「さらさ」、十七歳。

学年主席級の秀才だが、芹穂の人柄にひかれ、

飴色紅茶館の仕事をてつだつている。

キューティクルの概念をすてたベタ塗りの黒髪と、

単なるバイトのくせに、コストがどうのと経営に口をはさむ、

カワイゲのなさがカワイラシイ。

このふたりが、ちいさな店でイチャつく様子をたのしむ作品です。

 

 

 

 

 

開店早々、倒産の危機におちいる飴色紅茶館。

実に不景気な話で、ドッキリさせられる。

宝くじの当選すら、夢をかなえるには不十分という、

この御時世ならではの真実味がある。

個人事業主として同人活動をしてきた作家だからこそ、

描くことができる重みかもしれない。

おもうのだが、ついこないだまでの漫画家はみな、

大企業の末端に属するサラリーマンの様だつた。

集英社、小学館、講談社の有名な雑誌をよんでいれば、

あたらしい才能の出現を見逃すことは、まづない。

マニアックな連中も、講談社の「アフタヌーン四季賞」がひろつて育てた。

多分、幸福な時代だつたのだろう。

 

 

 

 

口やかましい版元からのがれた漫画家の卵たちは、

同人誌の森にひそみ、精力的なゲリラ活動をくりひろげる。

コンピュータを武器にして。

かつて漫画家は、編集部が派遣するアシスタントを連日徹夜でこきつかい、

スクリーントーンや背景をととのえた。

いまならタブレットをツンツンしたらポン、みたいな。

まあそれは大袈裟にしても、作業効率のめざましい向上が、

「漫画の個人営業化」をうながしているとは言えそうだ。

 

 

第三話の扉絵。

制服のロングスカートの墨ベタが、仰視の構図をひきたてる。

舞台が、ゆるぎなく立ち上がる。

 

 

相方のさらさが、京都への修学旅行で不在のなか、

二人客の老婦人から、女同士の理想像をおしえられる。

夜の八時まえ、バスをおりて直で店にやつてきたさらさに、

紅茶の香りで八つ橋をともにたのしみながら、

「五十年後も隣りにいてね?」と、必殺の口説き文句をささやく。

うつくしい空間が、かるがると半世紀の時間をとびこえる、

そんな宝くじにまさる奇蹟を、藤枝雅はひとつのコマにとじこめた。





飴色紅茶館歓談 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)飴色紅茶館歓談 (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2009/07/25)
藤枝 雅

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03