許されざる者 ― J1 第28節 浦和レッズ 対 ジェフ千葉

 

J1 第28節 浦和レッズ 対 ジュフユナイテッド千葉

 

結果:3-1 (1-1 2-0)

得点者

【浦和】前半10分 阿部勇樹 後半33分 エジミウソン 後半40分 高橋峻希

【千葉】前半7分 深井正樹

会場:埼玉スタジアム2002

[現地観戦]

 

 

 

十年は一昔。

JR京葉線車内でみかけた、まだ高校生の阿部勇樹をおもいだす。

小柄でかわいらしい娘と一緒だつた。

そのころすでにジェフの中軸をになつていたが、

世上では無名にちかく、ほかに気づくものはいない。

オレは見て見ぬふりをする。

「阿部選手ですよね?サッカーがんばつてください!」なんて、

不躾なマネはできないし、人にこの話もしなかつた。

いうなれば、かけがえない弟の様な存在だから、

練習のあいまの逢瀬を邪魔する気にならない。

かれはチームに忠実で、体をはつて果敢にたたかい、

精密なミドルシュートを武器とする、前途がたのしみな選手だつた。

おない年のパク・チソンの様に、

マンチェスター・ユナイテッドでも活躍できると期待をかけた。

なにかのまちがいで、いまはおなじ赤色でも、

さいたま市浦和区のクラブの装束を身にまとう。

結婚もしたが、相手はあのときのお嬢さんではないのだろう。

 

 

 

なれない地下鉄南北線にのり、北をめざす。

一駅ごとに赤い悪魔がふえてゆく。

オレはトートバッグの口をかたく閉じた。

背番号18のマフラーは奥底に厳重にしまつたが、

なにかの拍子で、フーリガンの目にとまるかもしれない。

ケンカは上等だ。

ジェフの一部残留のため、一人一殺の覚悟はある。

運よく二三人をしとめられれば最高だ。

しかし、背後から刃物で刺されたらひとたまりもなく、

かれらの大好きな色で、むなしく床を染めるだけ。

事件は埼玉県警にもみ消されて終わりだ。

ひたすら息をころし、足もとをみつめながら、競技場にたどりつく。

 

 

前途にたちこめる暗雲。

おもつていたより、「ABE 22」のユニフォームがおほい。

いまだに違和感をおぼえる、おのれの未練がましさがいとわしい。

 

 

 

前半10分、ポストをかすめた阿部のフリーキックが網をゆらす。

生涯最高のプレーのひとつだ。

なにも、この日に。

千金に値する、3分前の深井の得点が水泡に帰す。

オレたちの心は打ち砕かれた。

ゴール裏はチーム名を連呼して、絶望をまぎらせる。

「よりによつてアベかよ!」とは、だれもいわない。

それを口にするのは、みじめすぎるから。

されども男一匹、巻誠一郎。

コイツの闘志だけは、おとろえることがない。

数分後にはヘディングシュートをはなち、クロスバーを高らかにならす。

きのうの二番目に有効な攻撃だつた。

もつとも巻ですら、狼狽していたのかもしれない。

心平かなら、シュートをすこし下に向けられたのに。


関連記事

テーマ : ジェフユナイテッド市原・千葉
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03