湯冷めにご用心 ― 片山杜秀「近代日本の右翼思想」

yazirusi01.gif


近代日本の右翼思想/片山杜秀・著/講談社選書メチエ

おれはたぶん左よりの人間だ
保守とか反動とかは生理的にうけつけない
歴史関連の本をよむのはすきだし、ふるいものごとはできるだけ尊重する
だが古い時代を理想とかかげて現在に異議もうし立てをしたり、または現在をまるごとまもろうとする思想はうけいれがたい
社会思想として不潔だとおもう
外からかえってきて手もあらわないで料理をはじめるようなもの
そしてわれわれのいきる世の中は、未来にむけてひらかれてあるべきだ
未来志向の思想のほうがSFぽくてわくわくするし、断然クールだ
そんなおれにとって本書はじつに啓蒙的であるといえる

安岡正篤を再評価する第2章がおもしろい
細木数子の「元夫」であり、歴代首相の指南役をつとめ、「平成」の元号の考案者ともいわれる男
わかい安岡のキャリアはおどろくべきものだ
幼少から父によって漢学をたたきこまれたかれは帝大にすすむが、在学中に北一輝や大川周明としりあい、右翼的思想団体の同人となる
あらっぽい行動家たちも老熟した安岡の漢学的教養にまいってしまったらしい
大学をでて数年にすぎない安岡の勉強会には、そうそうたる官僚や軍人たちがつめかけた
早熟にもほどがあるだろうといいたくなる

片山は安岡の思想をある種の個人主義と位置づける
右翼思想なのに共同体ではなく個人におもきをおくという矛盾
それは阿部次郎らの大正教養主義からの影響がおおきいと片山はいう
この意見の妥当性はおれの知識ではわからないが、それなりに説得力はかんじた
どうせ社会をうまくかえられないなら、自分でかえようとおもわなければいい
そうやって安岡はのらりくらりと戦後もいきつづけ、「陰の御意見番」として天寿をまっとうした

そんな無責任ぶりゆえ、かれは仲間のはずの右翼連中からは「口説の徒」「うその標本」とバカにされていたらしい
血盟団の青年たちとの宴会でのエピソードが興味ぶかい
宴席で即興で漢詩(達筆すぎてだれもよめない)を書いたあと得意げに朗読し、「きみたちもこれくらいよめなければダメだぞ」とお説教
政財官のエリートには効果覿面のお座敷芸も、血気さかんな右翼青年につうじるわけもなくあざわらわれることに
政治・経済の現象をすべて指導者のこころの問題とかたづける安岡の思想は、指導者層にとってはここちよいぬるま湯だが、頭のゆだった行動家たちにはぬるすぎるのだった

大指導者様がいなかの若造にこけにされたところでいたくもかゆくもないかもしれない
そもそもすべては個人の問題、こころの問題らしいからね
今日でも「けっきょくは人それぞれ」ってぬるいいいかたをする人はおおいね
人は人、自分は自分
でもほんとうにそうおもってるのかな
すくなくともおれはちがうな
世の中そんなにあまくないんだぜ
たとえば人は人にたいしこんな罠をしかける

戦時中の政治に影響をあたえたといわれる安岡だが、国やぶれてもなんの反省もせず、ましてや戦争責任などとるわけもなく、指導者育成に注力しながら1983年に享年85にて死去
それはそれで立派な人生だといえる
だがかなしいかな、まさにその人生最後の年に、当時バーをやっていた細木数子につかまった
認知症の症状があったといわれる安岡は細木に「結婚誓約書」(!)なるものを書かされ、細木はそれをもとに婚姻届を受理させる
無責任男は孫みたいな年の女のせいで、たいしてかがやしくもない人生の晩節をけがした
翌月安岡は他界、そして(悪)名をあげた水商売の女が1985年に出した『運命を読む六星占術入門』はベストセラーとなった

yasuoka.jpg
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03