雨水汐『欠けた月とドーナッツ』

 

 

欠けた月とドーナッツ

 

作者:雨水汐

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2019年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

24歳のOL「宇野ひな子」はデートをしていた。

友達の紹介で会っているその男は、非の打ち所がない相手だった。

でも、ふと肩を触られたとき、ひな子は気持ち悪いと思った。

 

 

 

 

ひな子は若くて美人でおしゃれで、公私ともに充実している。

人も羨む様な毎日を送っている。

でも、中身は空っぽだった。

甘くてふわふわなドーナツが、真ん中に穴が開いてるみたいに。

心を開きたいのに、そこには何もない。

幸せになりたいのに、何が幸せなのか解らない。

 

 

 

 

孤独と不安のあまり、夜道で泣き崩れたひな子に、

たまたま通りかかった5つ上の会社の先輩「佐藤さん」が声をかける。

仕事はできるがブアイソで、ひな子とは真逆のキャラだ。

 

本作は24歳と29歳の関係を描く、いわゆる社会人百合である。

 

 

 

 

社会人百合はファッションが肝心だろう。

たとえばJKなどと比べて金銭的余裕があり、服にカネを使うから。

本作では、ふわっとして柔らかい印象のひな子と、

いつもパンツスタイルの佐藤さんを対照的に描き分けている。

 

一方で、佐藤さんの内面にはあまり踏み込まない。

両親を失い、唯一の家族である妹を溺愛してるらしいのは描写されるが。

この妹のおちゃめな言動もみどころだ。

 

 

 

 

1巻時点でイチャイチャは描かれない。

代わりに、主人公の世界観を読者と共有させるのに紙幅を費やす。

据えられるテーマは女子特有の「同調圧力」だ。

会社の飲み会で、ひな子を他の男とくっつけようと流れを作ったり。

空気を読んでる様で、実はまるで読めておらず、

悪意がないのにストレスの原因となる、同僚の「綾乃」がかわいい。

 

 

 

 

本作は、ガールミーツガールの百合漫画なのは確かだが、

ピリピリした心理戦や、感情のぶつかり合いがほとんどない。

でもこのジャンルに「やさしさ」を求めるなら、これもアリかな。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03