宮尾行巳『アンダープリズン』

 

 

アンダープリズン

 

作者:宮尾行巳

掲載誌:『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)2019年-

単行本:ニチブンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

近未来の地下刑務所を舞台とした物語である。

正確にいうと、死刑囚専門の「拘置所」。

収容者は凶悪犯ばかりなので治安は最悪だ。

 

主人公である金髪の「桃瀬純矢」は、殺人罪で死刑判決を受け、ここに送られた。

 

 

 

 

端正な顔立ちの純矢は、男色趣味の看守の餌食になりかける。

しかしこの監獄の情報は調査してあり、どうにか切り抜ける。

 

 

 

 

実は純矢は警察に出頭し、みずから進んでこの監獄へやってきた。

目的は復讐。

家族3人を殺した男を、国家権力ではなく、自分の手で葬るために。

 

 

 

 

復讐の相手である「櫛目仁吾」とは同房になった。

殺ろうと思えばいつでも殺れる。

しかし櫛目は、想像してたのと違う人間だった。

絵が趣味で、被害者である純矢の姉の肖像画を描いたりする。

 

 

 

 

僕は復讐譚だと思って単行本を購入したが、予想は裏切られた。

 

殺害現場にいたのに、なぜか当時の記憶が残ってない櫛目は、

純矢との接触がきっかけとなり、すこしづつ記憶が戻ってゆく。

どうやら犯人は別にいて、もっと大きな陰謀が絡んでるらしい。

 

 

 

 

あとがきで作者は刑務所や拘置所について語っている。

作中の風景は誇張でなく、むしろマイルドな描写だと。

「国家権力は一個人の暴力よりずっと恐ろしい」という世界観の中で、

ポリティカルサスペンス的な要素が、物語に深みを与えている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03