はまじあき『ぼっち・ざ・ろっく!』

 

 

ぼっち・ざ・ろっく!

 

作者:はまじあき

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2018年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

彼女たちは「結束バンド」。

拷問でも始まりそうな不穏なバンド名である。

 

本作は『きららMAX』連載の、JKバンドものの4コマ漫画。

第1巻は昨年3月に発売され、すでにかなりの人気を博してるらしい。

同ジャンルの『けいおん!』と比較しつつ、きららの現在と未来を占う。

 

 

 

 

4人組で印象的なキャラは、ベースの「山田リョウ」。

家が裕福なので小遣いは多いが、楽器を買いまくって常に金欠、

雑草を食べて空腹をしのごうとしたら死にかけた。

 

ぶっちゃけベースなんてのは、あってもなくてもいい楽器で、

逆に言うとベーシストをどう描くかが作品の個性だ。

凛として女らしい秋山澪との対比が鮮やか。

 

部室でダベる放課後ティータイムとちがい、彼女らの溜まり場はライブハウス。

テーブルの描写なんかもいちいち凝っている。

作者の妹・日笠希望も漫画家で、背景を手伝っているとか。

 

 

 

 

単行本おまけのカット。

主人公の「後藤ひとり」、通称「ぼっちちゃん」は重度のコミュ障で、

バイトをする羽目になったがどうしても行きたくなくて、

わざと風邪をひこうと氷風呂に入って凍死寸前となる。

それを母親は陰から見守る。

芳文社なのに竹書房的な不条理ギャグに接近している。

 

なおメンバーの名字はアジカンから取っている。

P-MODELから頂いた『けいおん!』へのオマージュだろう。

 

 

 

 

正直僕は、音楽を題材にした漫画が苦手だ。

いくら紙の上で名演奏を披露されても、脳内で音声が再生されないから。

しかし本作の狂気や暴力性が、ステージで爆発する瞬間を目撃したとき、

音楽漫画のあたらしい扉が開かれたのを認めざるを得なかった。

 

 

 

 

『けいおん!』に代表されるきらら諸作への直接的言及もある。

いわく「不自然なくらい女の子しか出てこない」

「特に何の事件もなく話が進む」

「社会に疲れた大人が見るアニメ」など。

自己言及のパラドックスに陥っている。

そしてアー写を撮るときは「きららジャンプ」をこころみる。

 

 

 

 

例のアレである。

マンネリズムのマンネリズムみたいなきらら諸作は、

それがマンネリだと受け手に意識させない論理で構築されており、

社会に疲れた僕たちを現実逃避させるのに一役買ってきた。

 

『ぼっち・ざ・ろっく!』はその方向性でさらに加速しつつ、

素粒子同士が衝突し、スリリングな高エネルギー反応が生まれている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03