『竜圏からのグレートエスケープ』 第1章「竜に咬まれた少女」


全篇を読む(準備中)






 歌舞伎町、かつて不夜城と称された歓楽街は、いまや一望の廃墟だった。ビルの残骸からなるチャコールグレーの丘陵を、とめどなく雨水が流れ落ちた。鉄骨の枝に吹きつける烈風が、ガラスの破片の落葉を舞わせた。

 黒い蛇に似た極大の何かが、道路を塞いでいた。竜の九本の首だった。切断されてもなお痙攣していた。

 汚泥を掻き分け、セーラー服の少女が巨竜の屍骸の下から這い出た。白い制服は血と泥に染まっていた。竜に咬まれた左腕から夥しく出血していた。

 彼女の名は暁ジュン。高校三年生だ。童顔を苦痛に歪めつつ、濁水の中を匍匐した。発達した犬歯のせいで、手負いのネコ科の猛獣みたく見える。腰のベルトに日本刀を帯びていた。

 ヒトの何倍もの大きさの黒竜がジュンを見つけ、上空から襲いかかった。ジュンは乗り捨てられたトラックの下へ逃げた。黒竜は爪で引っ掻くが届かない。長い首を突っ込み、車体を軽々とひっくり返した。

 黒竜は報復に燃えていた。ボスである九頭竜を、ジュンに斬り殺されたばかりだった。

 四年前、東京は竜族によって占領された。

 東京湾から竜の大群が、都心部へ上陸した。世界各地で同様の事態が発生し、甚大な被害をもたらした。散発的な戦闘と交渉の月日を経て、人類は武力をもって竜を排除すると決意した。当然の権利の行使だった。人竜戦争のはじまりだ。そして彼らは思い知った。竜という想像上の生物が、想像以上の力を持っていることを。人類は保有する戦力のすべて、具体的に言うと核兵器などを使用した。結果は絶望的だった。

 それでもまだ、彼らは諦めてない。

 歌舞伎町に横たわる屍骸は、西部戦線で猛威を奮った九頭竜のものだ。ワンサイドゲームばかりのシーズンにおいて、溜飲を下げる得点だった。

 ズダダダッと銃声が轟いた。

 楽天イーグルスの臙脂色の帽子をかぶった青年が、アサルトライフルのSCARを黒竜に対し発砲した。防水のフリースジャケットを着ており、長身で顔立ちは精悍だ。この二十二歳の因幡八代は、ジュンとコンビを組んで行動していた。

 ジュンに食らいつきかけた黒竜が飛び退いた。翼に被弾したので飛行が安定しない。ビルの外壁にぶつかり、そこにしがみついた。

 駆けつけた因幡が、ジュンのそばに膝をついた。青褪めたジュンの呼吸や心拍を確かめた。豪雨が降り注ぐ路面に、血溜まりができた。止血を急がねばならない。

 ジュンは竜に捧げられた生贄のひとりだった。全面戦争が三年間繰り広げられる一方で、人竜間にはブラックマーケットが存在し、人身売買などの違法取引が横行していた。ジュンは生贄に紛れ込み、竜族の支配地域へ潜入した。セーラー服を着たのは、竜族は人間の処女を好むゆえ高値がつくからだ。

 黒竜が外壁から降り立った。牙を剥き出しにして吠えた。因幡はしゃがんだまま縮み上がった。ジュンの救出という使命がなければ、尻尾を巻いて逃げるところだ。

 因幡は脛でジュンの左腕を圧迫し、上腕動脈からの出血を抑えた。同時にSCARを連射した。黒竜は七・六二ミリ弾を厭いながらも、接近を止めない。因幡はすばやく弾倉を交換し、ひたすら撃ち続けた。

 ギエェーッ!

 眼球に銃弾を受け、黒竜が飛び去った。

 因幡は射撃を止めた。SCARをスリングで提げ、ジュンを瓦礫の陰へ運んだ。止血帯を腕に通し、棒で巻き上げた。因幡は軍事組織である禁衛府の、下士官にあたる衛士長に任じられていた。救命の経験は、するのもされるのも豊富だった。

 禁衛府のタスクフォースは今回の秘密作戦で、人身売買に携わる業者にカムフラージュした。そして不意打ちにより九頭竜を斃す大戦果を上げた。付近の残敵も掃討した。竜族は分厚い鱗と霊力で守られるが、使いっぱしりの小竜程度なら、ライフル弾などの通常兵器でも防禦を貫通できる。

 運さえ良ければ。

 静かに横たわるジュンに、因幡が言った。

「具合はどうですか」

 ジュンが言った。「頭がぼんやりする」

「じきに後続部隊が到着します。そうしたら輸液しましょう」




 雨は弱まる気配がない。人の手で管理されてない街路は排水機能が働かず、脛が浸かるほど冠水していた。

 ジュンは雑居ビル一階のコンビニエンスストアで、看護師資格を持つメディックの治療を受けていた。乳酸リンゲル液の入った輸液バッグが右手の甲に繋がっている。咬創のある左腕はガーゼ包帯が巻かれていた。

 ジュンの右腕は、指先まで赤黒く爛れていた。三年前に負った火傷の跡だった。皮膚移植手術を受けることもできたが、ジュンは拒否した。リハビリにかかる時間を、竜族に対する戦闘訓練に当てたかったからだ。

 店内は浸水しているので、陳列棚を倒してその上に担架を置き、即席のベッドにした。自分のバックパックを枕にして角度をつけ、ジュンはタスクフォースの仕事ぶりを観察していた。

 十八歳の暁ジュンは、禁衛府の長官を務めていた。事務方を含めて九千人を擁する組織の長だ。たしかに若すぎるが、上官がほぼ全員戦死したので抜擢された。もはや人竜戦争において、ジュンに指図できる人間は残っていない。

 軍民混成部隊が、路上に停まるトレーラーに荷物を積み込んでいた。禁衛府の衛士は、生贄の少女十数名をコンテナへ誘導した。可憐な少女らは解放されて安堵するより、人と竜の戦闘の凄惨さに怯えていた。盗賊は黒光りする石を、積載量の限界まで載せた。霊力が篭もるこの竜鉱石が、彼らの報酬だ。

 衛士と盗賊が口論を始めた。五人の盗賊が持ち場を離れ、ぞろぞろと廃ビルの方へ向かった。因幡たち衛士はSCARを構えて戻るよう命令するが、聞く耳を持たない。

 コンテナから、生贄の少女らの甲高い悲鳴が聞こえた。スキンヘッドの盗賊が、卵型の手榴弾を握る右手を持ち上げている。ピンを抜いて起爆できる様にし、少女らを人質に取った。

 ジュンは寝ながら親指の爪を噛んだ。

 盗賊どもの魂胆は見え透いている。どこかに金目のものを見つけたのだろう。敵地である新宿からは早急に離脱すべきだが、連中は欲を掻いて勝手に行動しだした。

 ジュンは救急キットに手を伸ばし、錠剤を頬張った。噛み砕いて飲み込んだ。いわゆる覚醒剤のアンフェタミンだ。激痛と疲労を解消するためには頼らざるを得ない。

 輸液バッグのチューブを抜き、寝心地最悪のベッドから水浸しの床へ降りた。履いてるのは学校指定のローファーなので、とっくに黒のソックスまでびしょ濡れだった。傍らに置いていたクサナギを腰の剣帯に差した。この霊剣こそが、竜鉱石を鍛造して仕上げた決戦兵器だ。

 あっと驚いたメディックによる制止を黙殺し、ジュンは通りへ出た。激しい風雨に打たれ、前髪が額に貼りついた。

 盗賊を追って新宿東宝ビルへ、水溜りをばしゃばしゃと進んだ。元はシネマコンプレックスやホテルが入居する大型施設だった。風俗店の看板を通り過ぎた。壊滅する前の歌舞伎町は、広範な欲望を飲み込むユニークな空間だった。

 泥濘に足を取られ、ジュンは手をついた。輸液したとはいえ、踏ん張りが利かない。呼吸も不安定だ。

 背中に提げていたサブマシンガンのP90を持った。トリガーの下のセレクターをフルオートに合わせた。貫通力の高い特殊な弾薬を、拳銃のファイブセブンと共用できる優れた銃だ。ただしジュンが選んだのはアニメの影響だが。

 動かないエスカレーターを歩いて上り、シネコンの内部へ入った。異臭が鼻腔を刺激した。ロビーには一面、竜の卵が並んでいた。孵化して卵殻を破った子竜もいる。深いエメラルド色の鱗を持つ緑竜だ。ロビーは産卵と孵化のための施設として使われていた。絨毯敷きの床を覆う粘液が、ローファーの底にこびりついた。

 ロビーには盗賊が七人いた。大きな卵を両脇に抱え、持ち出そうとしていた。ブラックマーケットで売り捌くつもりだ。よちよち歩きの子竜が同胞を救おうと咬みつくが、盗賊に蹴り飛ばされた。泡を吹いて気絶した。

 紫のタンクトップを着た女盗賊のホムラが、略奪を仕切っていた。この盗賊団では古株で、額に傷跡があった。

「ホムラ」ジュンが言った。「卵と子供には手を出すな」

「これはめっけもんだよ。緑竜の卵は竜鉱石より高く売れる。たまらなく美味なのさ。あんた食べたことあるかい?」

「聞いてるのか。あたしは卵を盗むのを許可してない。時間的にも限界だ」

 ホムラはジュンに詰め寄った。豊満な胸を誇示するかの様に反り返った。

「いいや、聞こえないね。ウチらは盗賊だ。お宝を見つけたのに放置なんて、できるもんか」

「まだ生まれてすらない竜に罪はない」

「おやおや。ドラゴンスレイヤー様の御意見とは思えないね。竜は竜だろう。成長すれば人間を襲うんだ」

「緑竜はおとなしい種族だ。こちらから仕掛けないかぎり害はない」

 ホムラは首を横に振った。竜退治のエキスパートと議論する愚を悟った。卵を抱えたまま、包帯を巻いたジュンの肩にわざとぶつかり、ロビーから出ようとした。

 カシャッ。

 ジュンはP90のコッキングハンドルを引いた。無言でホムラの脊髄に照準を合わせた。

 ひゅうと短く口笛を吹き、ホムラが振り返って言った。

「ウチを撃とうってのかい。竜圏の外にいる仲間が黙ってないよ。禁衛府が盗賊と組んでると知れたら、世間は大騒ぎだね」

「卵を元に戻せ」

「もともとあんたは恨まれてるんだ。霊力を使いすぎるせいで洪水が起きて、市民が何万人と死んでいる。竜に殺された人数より多いじゃないか」

 ジュンは銃口を下げた。首を回してボキボキと鳴らした。

「竜鉱石をやる」

「なんだい」

「折半する約束だったが、全部くれてやるよ」

 破顔一笑したホムラは、八歳年下のジュンの肩を抱いた。

「さすがは長官閣下! 話がわかるねえ」

「うるせーな」

「他の軍人連中と違って、あんたのそういう融通の利くところ、ウチは好きさね」

 ホムラはふくよかな胸を押しつけ、ジュンの頬にキスした。




 シネコンから出ると、トレーラーの荷積み作業は終わっていた。天候はさらに悪化し、大型台風が直撃した様な暴風雨となっていた。交通標識のポールにつかまらないと、ジュンは立つのもままならない。

 野球帽をかぶった因幡が敬礼し、ジュンに言った。

「帰投の準備は完了です。手榴弾を使った不逞の輩も処理しました」

「え、殺したの?」

「穏便に話をつけました」

「ふうん」

 ジュンはコンテナを一瞥した。スキンヘッドの盗賊が中で座っていた。腫れ上がった顔は、原型を留めてなかった。

「長官は」因幡が言った。「計画通り、単独で黒竜王の討伐に向かうのですか」

「ヤツとは知らない仲じゃないんでね。ここまで来て挨拶せずに帰るのは不義理ってもんだろ」

「自分もお供します」

「却下だ。何度も言わせんな」

 突風が吹き、標識のポールが根本から折れた。因幡が突進し、ふらつくジュンを押し倒した。

 ドーンッ!

 凄まじい騒音がし、地面が揺れた。

 路上に黒い物体が出現していた。怪獣映画のゴジラの頭部だ。東宝ビル八階に飾られていたオブジェが落下した。もしあそこにいたらと思うと、ジュンの背筋は寒くなった。

 覆いかぶさる因幡の顔を見上げ、ジュンが言った。

「ありがとう」

「長官には何度も助けていただきました。これくらいお安い御用です」

 至近距離で囁かれ、ジュンは紅潮した。ほころぶ口許を手で隠した。まるでプリンセスに仕えるナイトではないか。

 息がかかるほど近くで、因幡が言った。

「長官、お願いします。お供させてください」

「いいから帰還しろ。これは命令だ。黒竜王と刺し違えるのは、あくまであたし個人のミッションだ。巻き込みたくない」

「その命令には従えません」

「頑固だな。霊剣遣いならともかく、お前なんかいても役に立たない。死体が二つになるだけだ」

「そんなことはさせません。長官は自分がお護りします」

 雷光が因幡の顔を照らした。落ち着き払った表情は、決意の固さを感じさせた。

 人竜戦争において今のところ最大の会戦である「スカイツリーの戦い」で、ジュンは因幡の命を救った。それ以来彼は忠節を尽くしていた。

 情熱的に口説かれ、ジュンの心は動いた。そもそも因幡を直属の部下に選んだのは、訓練の成績が良かったからだが、顔写真がイケメンだったのが大きい。

 ガシャンと、ガラスの割れる音が響いた。盗賊たちがコンテナ内部で宴会を始めていた。なにせ飲み屋の多い地区なので美酒には困らない。スキンヘッドの男が生贄の少女にちょっかいを出し、怖がらせていた。

 立ち上がって大きく息を吐き、ジュンが言った。

「やっぱり因幡が帰投を指揮しろ」

「しかし」

「衛士が三人だけでは盗賊を抑えられない。女の子に被害を出したくないんだ。頼むよ」

「わかりました。長官もどうか無理をなさらずに」

「大丈夫。そう簡単にあたしは死なない」

 因幡は足早にトレーラーへ向かった。

 にやにやと笑みを浮かべ、ホムラが背後から近づいた。ウィスキーの瓶をラッパ飲みしていた。

 ジュンの耳許で、ホムラが言った。

「ハンサムな男じゃないか。あんたのいい人かい」

 ジュンが言った。「そんなんじゃねーよ」

 血相を変えて振り返り、因幡が叫んだ。

「そこの盗賊! 我ら軍人を侮辱するか!」

「なんだよ。おっかないね」

「貴様らなどには解らぬだろうが、自分は断じて、よこしまな思いで長官に仕えているのではない!」

 吹き出すのを堪えながら、ホムラがジュンに囁いた。

「あんたも苦労が多いねえ」

「ほっとけ」

「あれじゃあ脈はないな。ウチがもらっても構わないかい」

「アラサー女が何言ってんだ」

「二十六歳はアラサーじゃないさ」

「四捨五入したら三十だろ」

「正しくは『二十代半ば』って言うんだよ。それはともかく長官閣下、御武運を!」

 おどけて敬礼し、ホムラはコンテナへ乗り込んだ。因幡の隣に座り、ウィスキーのマッカランを勧めた。因幡は不機嫌そうに瓶をあおった。

 ホムラは自分の髪や上半身をタオルで拭いた。いくらか乾いた髪をカチューシャで止めた。額に走る傷が露わになっていた。前髪で隠せるのに、気にならない様子だ。

 聞いた話では、ホムラは風俗店で働いていたとき、頭のおかしい客に傷をつけられたらしい。それから盗賊稼業に転向したと言うが、本当かどうかは解らない。とにかく自由奔放に生きる女だった。下品な冗談で荒くれ者たちを笑わせ、すぐに輪の中心となっていた。

 ジュンの胸の奥がきりきりと疼いた。我慢できなくなって叫んだ。

「因幡、ついて来い!」

「はッ」

 因幡はSCARを持ち、コンテナから飛び降りた。目を輝かせ、ゴジラ像のそばに立つジュンに駆け寄った。

 過積載ぎみのトレーラーが発進した。コンテナの扉が閉まるとき、ホムラがウィンクするのが見えた。




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03