タツノコッソ『社畜さんと家出少女』

 

 

社畜さんと家出少女

 

作者:タツノコッソ

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2018年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

「人の世の住みにくさ」がテーマの4コマである。

辛い残業を終えた主人公「ナル」は家路を急ぐが、

満員電車の周囲からはカシュッカシュッと、

ストロング系チューハイの缶を開ける音が聞こえる。

 

みんな疲れているのだ。

 

 

 

 

ナルが早く帰りたかったのは、自宅マンションで美少女が待ってるから。

学校制服にエプロン姿の「ユキ」は、

家出してナルのところに身を寄せて2週間になる。

 

まるで初々しい新婚家庭みたいだ。

 

 

 

 

ふたりは、今日あった出来事についてとりとめもなく話したり、

一緒にキッチンでおつまみを作ったり、楽しい夜をすごすが、

それでもナルはストロングなチューハイを我慢できなかった。

社畜としての生活は、飲まなきゃやってられない。

 

以上が第1話の流れで、状況説明の巧みさが伝わったとおもう。

 

 

 

 

居候の身なので甲斐甲斐しく家事をこなすユキは、しっかり者。

オフではだらしないナルに小言をいうこともしばしば。

でも親とうまくいってない孤独感から、ときどき甘えてくる。

 

そんな家出少女のツンデレっぷりを愛でる作品でもある。

 

 

 

 

第4話はデート回。

「好きな相手の見慣れない服装にドキドキ」というお約束の展開は、

同居してる関係では難しいが、ひねりを利かせて印象的なシーンに。

 

 

 

 

ふたりの出会いや、ユキが抱える悩みについては、具体的に描かれない。

おそらくナルは、大学時代に家庭教師をやっており、

精神的に追い詰められた教え子のユキに同情し、

就職したら彼女のための居場所をつくると約束したらしい。

 

作風は『ゆゆ式』の影響が強いが、ざくりと心を抉る情緒性は、

それとは別のストロングなエモーションを提供している。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03