森猫まりり『源氏物語~愛と罪と~』2巻

 

 

源氏物語~愛と罪と~

 

作者:森猫まりり

掲載誌:『Sho-Comi』(小学館)2019年-

単行本:フラワーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

2巻の主人公は六条御息所である。

前巻の、ピュアであどけない桐壺更衣や藤壺と対照的な、

知性と美貌を兼ね備えた、自立したキャリアウーマンだ。

「年上の女との刹那的な恋」が本巻のテーマと言える。

 

 

 

 

源氏は七つ年下。

贈り物と文が届いたので、京で評判の美青年はどれほどの人物かと、

なんとなく退屈しのぎで会ってみることにする。

 

 

 

 

東宮妃だった御息所は、男女の事柄も知悉している。

つまらない男には引っかからないし、引っかかる訳にもゆかない。

しかし源氏は只者ではなかった。

 

本作は、宮廷生活のリアルな再現を指向してはいないが、

御簾や扇などの小道具を巧みに用い、恋の駆け引きを演出している。

 

 

 

 

本巻でも閨でのことはこってりと描写される。

源氏に後背から荒々しく犯され、はげしく乱れたとき、

はじめは余裕綽々だった御息所の悲劇は、すでに始まっていた。

 

 

 

 

ついに原作屈指の名場面「車争い」へ至る。

嫉妬に狂う見苦しさとはもっとも無縁だった女が、

まっさかさまに転落してゆくのがドラマティックだ。

 

本作の特徴は、女たちを主人公に据えている点。

時系列に沿って追うと、現代の倫理観では理解不能な源氏の行動も、

列伝体の形式なら、それなりに一途なイケメンに見えなくもない。

史記を愛読していた紫式部の意にも適うコミカライズなのでは。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03