舟本絵理歌『殺し屋Sのゆらぎ』

 

 

殺し屋Sのゆらぎ

 

作者:舟本絵理歌

掲載誌:『ゲッサン』(小学館)2019年-

単行本:ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル

[ためし読みはこちら

 

 

 

「S」というコードネームをもつ殺し屋が、暗殺任務を遂行する。

ドラグノフ狙撃銃の減音効果とか命中精度とか、

ほのぼのした絵柄のわりにミリタリー描写が細かい。

 

 

 

 

つぎのターゲットは17歳の「古川綺利(きり)」。

暴力団組長のひとり娘である。

あろうことかSは、スコープごしに綺利に一目惚れしてしまう。

スナイパーが心をスナイプされた。

 

 

 

 

Sこと「正太郎」は組織を敵に回してまで、綺利のボディーガードとなる。

天然お嬢様の綺利は、自分の命が狙われてるのにまったく気づかない。

正太郎は体を張り、愛する少女の平穏な日常を守る。

 

 

 

 

上のアヒル爆弾はギャグだが、新聞紙などを固く丸めてつくる、

ミルウォール・ブリックなんて物騒な武器も出てくる。

作者は19歳前後の女性と思われるが、資料を取捨選択し、

ゆるい様なシビアな様な、独特の世界観を構築している。

 

 

 

 

スクリーントーンにくわえ、手描きで陰影をつける手法も効果的で、

ものすごく絵が巧いわけではないが、強い印象をのこす作風だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03