真鍋昌平『アガペー』

 

 

アガペー

 

作者:真鍋昌平

発行:小学館 2019年

レーベル:ビッグスピリッツコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

『闇金ウシジマくん』などで知られる作者の短篇集である。

表題作は、地下アイドルの現場を露悪的にえがく。

ヲタ芸をする客の顔とかマジで汚い。

 

 

 

 

一方でクールな視点もあって、小奇麗にしてる繋がり厨との議論は、

作者が界隈をよく取材し、「シーン」を切り取ろうと努めたのがわかる。

 

ツイッターで女の子にクソリプを送るのが生きがいみたいな男を実際見るが、

なるほどこういう事情が背景にあるのかと腑に落ちた。

 

 

 

 

作者はドルヲタを愚鈍に醜悪に描写しつつも、最終的に肯定する。

むしろ残酷に感じた。

アイドルに幻滅して次のステップに進ませた方が優しいのではないか。

 

 

 

 

パチンコとテレビのお笑い番組しか娯楽がない地方都市という舞台で、

むくむくと破壊衝動が持ち上がる『ショッピングモール』。

 

 

 

 

最新作の『東京の女』が、短篇としての出来が一番いい。

28歳の売れないカメラマン「結衣」のうらぶれた日常をえがく。

結衣はルックスもよく、それなりにモテはするが、

憧れていたHIROMIXみたく有名になれなかった人生に倦んでいる。

 

 

 

 

本作のテーマは、東京で女がひとりで生きてゆくことの難しさ。

衝撃的な展開が待ってるので、期待して読んでもらいたい。

 

わづか65ページのなかで人物が多数出入りするせいで、

ストーリーの衝撃性が薄まってると言えなくもない。

ただそれにしても、西荻窪の飲み屋街の暗さ!

まるでホラー漫画の背景だ。

読者にリニアなストーリーを辿らせるおもてなしより、

インパクトのある絵自体に語らせることに、作者の重点があるのだろう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03