高瀬わか/石田リンネ『茉莉花官吏伝』

 

 

茉莉花官吏伝 ~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~

 

作画:高瀬わか

原作:石田リンネ

掲載誌:『月刊プリンセス』(秋田書店)2018年-

単行本:プリンセスコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

後宮につとめる女官「皓茉莉花(こう まつりか)」が、

皇帝に目をかけられて成り上がるという中華ロマンである。

 

 

 

 

本作の見どころは、茉莉花が皇帝から贔屓される理由が、

その美貌ではなく、記憶力のよさである点。

夜伽の相手などは求められず、政治面での側近になるよう教育される。

 

 

 

 

茉莉花は皇帝の要求に困惑する。

能力を評価されること自体は悪い気はしないが、

女だてらに国家運営に参画するのは、さすがに気が引ける。

しかし一女官が、皇帝の命令を拒否しようがないのも事実だった。

 

 

 

 

後宮では光の速さで噂がひろまる。

しかし性的魅力でなく頭のよさを買われたという、肝心の事情はつたわらない。

勘違いした女官長に対してムキになる茉莉花がかわいい。

 

 

 

 

茉莉花は科挙にむけて勉強するよう命じられる。

地味すぎず派手すぎない「太学」の制服がすてきだ。

 

それにしてもこのヒロイン、憂い顔でため息をつく場面が多い。

 

 

 

 

皇帝が、埋もれた才能を発掘することに懸命である理由や、

天性の記憶力を発揮するのに茉莉花が消極的になった経緯もえがかれる。

 

後宮という舞台ならではの絢爛豪華なヴィジュアルを提供しつつ、

女の武器に頼らない女の魅力もきらめく、一挙両得な作品だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03