尾崎かおり『金のひつじ』完結

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

単行本:アフタヌーンKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

「いじめ→駆け落ち同然の家出→帰還」という形で、物語は締め括られる。

しかし作者は、読者からの反応に不満の様だ。

 

間違ったことをした人をみんなで叩くという、ここ数年のSNSの風潮がありますが、
そのままの勢いが、マンガの登場人物にまで及んで来ているのでしょうか…。

 

作者ブログから

 

本作は、いじめる側にも理解を示す描写があるため、

勧善懲悪的ストーリーをもとめる幼稚な読者から不評を買った様だ。

 

 

 

 

羊の公園での和解のあと、継は自宅へもどる。

家族は大騒ぎするが、継だけはあっけらかんとしている。

おおらかで、包容力のある主人公だ。

 

 

 

 

帰宅する前の、離婚後は別居している父親との会話。

継はそれとなく復縁の可能性をさぐるが、きっぱり否定される。

子供の目からはわからないだろうが、自分たちはもう完全に他人なのだと。

 

この絶望感があるから、あっさりした再会シーンに深みが生まれる。

家族や友人はすばらしい。

ほかの何ものにも代えがたい。

でも、それがとても儚いということも知っておくべきだ。

 

 

 

 

三井倉継は、すべてを肯定する主人公だ。

思春期の少女らしく傷つくときもあるが、ほとんど表に出さない。

また、他者に悪感情をいだく描写は作中にないはずだ。

 

非常に魅力的なキャラクターだが、登場時からすでに十分強いので、

全3巻のなかで精神的な成長が感じられないきらいがある。

継と同世代の読者に、とっつきづらい物語という印象をあたえたかもしれない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03