柴嶺タカシ『黒のカミサマと白のアデプト』

 

 

黒のカミサマと白のアデプト

 

作者:柴嶺タカシ

掲載誌:『コミックアライブ』(KADOKAWA)2018年-

単行本:MFコミックス アライブシリーズ

[ためし読みはこちら

 

 

 

ごく普通の高校生「悠真」が放課後の校舎裏へゆくと、

そこに銀髪のセーラー服の少女がいた。

少女は「コード」とよばれる魔法をつかい、キツネとともに浮遊する。

 

 

 

 

彼女の名は「叶奏(かなで)」。

国の機関ではたらく魔法士である。

この世界をむしばむ瘴鬼とたたかっている。

 

 

 

 

こちらは幼なじみの「みなか」。

オカルト研究会に所属しており、胸が大きいのが特徴。

悠真を一途に慕うが、どうも相手は好意に気づいてない。

 

 

 

 

着衣でも十分魅力的なキャラデザだが、本作はサービスカットたっぷり。

触手で責められる場面まである。

ただし、とぼけた会話でわかる様に、ガチの陵辱までは至らない。

 

 

 

 

精神汚染されたみなかが嫉妬に狂い、悠真に襲いかかる。

かといって反撃もできない、スリリングなシーンだ。

 

 

 

 

褐色肌の幼女「クロ」は、悠真をサポートする神姫。

仔犬の様に無邪気に主人になつく。

 

 

 

 

本作は、柴嶺タカシのオリジナル作品としては初単行本となる。

後書きで「好きなものを色々ぶち込んだ」と述べており、

良くいえばにぎやか、悪くいえば詰めこみすぎな仕上がりだ。

 

それはともかく、3話扉絵の入魂の下着の描写などをみると、

描きたいものを思う存分描けるよろこびが横溢していて、すばらしい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03