綿桐さや『須波優子と百合な人びと』

 

 

須波優子と百合な人びと

 

作者:綿桐さや

発行:KADOKAWA 2019年

レーベル:MFC

[ためし読みはこちら

 

 

 

テーマは「軽率な百合」。

女子校にかよう9人(ひとりは教師)が、真剣な感情をともなわぬまま、

ひたすら無目的にいちゃいちゃする様子をえがく掌篇集。

初出はツイッターだったらしく、長さはいづれも4ページ。

 

 

 

 

主人公を明確に立て、その思考や感情や行動を読者に疑似体験させる、

リニアでクラシックな物語ではまったくない。

いちおう「須波優子」というタイトルロールは存在するが、

ぼんやりしたメガネ女子だし、あまり主人公っぽくない。

 

 

 

 

9×8で72通りの、いや3人以上で絡めば無数のカップリングの、

微妙なあじわいの差をくらべてたのしむ作品である。

 

 

 

 

「女の子9人とか覚えられないし、つまらなそう」とおもうのは早い。

本作の工夫は、各話ごとに人物相関図を掲載してること。

だれがだれだっけ状態になることは絶対ない。

 

 

 

 

たとえば25話で、楚々として上品な「帆夏」が気になったとする。

相関図を参考にし、帆夏の登場回を読み直すことになる。

そして5話でのサイコパスなふるまいを見て、あらためて戦慄するわけ。

 

 

 

 

僕のおきにいりは写真部の「怜奈」。

とぼけてる様で発言はけっこう辛辣。

 

 

 

 

百合大好きな「懸先生」に依頼された怜奈は、校内で撮影に励むが、

優子より地味な「萌歌」にカメラをむけたところ、意外な反応が。

じつは萌歌はコスプレイヤーで、反射的にポーズを決めてしまった。

 

ミルフィーユ的に折り重なるかわいさの層に、

ぐさりとフォークを突き刺してじっくり堪能したい一冊だ。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03