金田一蓮十郎『ゆうべはお楽しみでしたね』6巻

 

 

ゆうべはお楽しみでしたね

 

作者:金田一蓮十郎

掲載誌:『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)2014年-

単行本:ヤングガンガンコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

結婚をきめたふたりは、それぞれの両親に報告する。

しかし厄介なのは、ネトゲを通じて知り合ったという事実。

世代によっては受け入れられないかもしれない。

 

ただし上のゴローさんの父の反応は、半分冗談。

 

 

 

 

式や指輪や旅行など、結婚にまつわるアレコレを処置してゆく。

サバサバした性格のゴローさんは、結婚式を挙げるくらいなら、

その分のお金を新婚旅行へまわし、ふたりの思い出をつくりたいという考え。

 

いまどきの女子の人生観をわかってないパウの方が、

相手を気遣うあまり、保守的な提案をしがち。

 

 

 

 

ネトゲのコミュニティから発生したカップルなので、

最初に相談する相手もネトゲ仲間をえらぶ。

チーム内でゴローさんは男と認識されており、パウの説明不足もあいまって、

ふたりをゲイのカップルとおもいこんだメンバーたちは動揺する。

 

 

 

 

ゴローさんと母親のやりとりがよく描けている。

さすがは女性作家という感じ。

離婚して雑貨店をいとなむ母は、ゴローさん以上に淡白なところがあるが、

ルームシェアの相手が実は男だったと知って、いまさらながら驚く。

 

ここに本作の真のテーマがある。

「ネトゲでのつながりは、ときにリアルより深い」とゴローさんは信じ、

そしてそれは一面の真理であるが、とはいえ母が心配するのも当然だ。

なにかのきっかけで豹変する男もいる。

そういう意味でゴローさんは幸運だった。

 

 

 

 

ネトゲという題材で、いかにも現代的でカジュアルな男女のあり方をえがく一方で、

表面からはみえない奥底で、燃える様にロマンチックな愛が脈打っている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03