冬目景『空電ノイズの姫君』3巻

 

 

空電ノイズの姫君

 

作者:冬目景

掲載誌:『月刊バーズ』(幻冬舎)2016年-

単行本:バーズコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『空電ノイズの姫君』は幸福な作品だとおもう。

デビューから27年のベテラン作家が、たのしんで描いてるのがつたわる。

 

 

 

 

絵が「歌って」いる。

よくもわるくも淡々とした作風の冬目景が、

ロックを題材にして心機一転するとは意外だ。

 

まあ、代表作のタイトルが『イエスタデイをうたって』だし、

彼女の内面でずっとロックは奏でられていたのだろう。

 

 

 

 

3巻は、初ライブが大失敗におわったマオたちが、

打ちひしがれて迷いの日々をおくる様子をえがく。

 

なにげない会話がいい。

文字がやたら多く、特別に見せ方を工夫してるわけでもないが、

女の子の表情が時間と空間の感覚をかもしだす。

これぞ冬目景ワールドだ。

 

 

 

 

「才能とはなにか」について熱く議論する。

 

冬目は美大出身で、どちらかと言えばマニアックな作風で、

作品発表のペースは途轍もなく悠長でありながら、

傍から見ると浮き沈みのない安定したキャリアを築いている。

「売れないアーティストの鬱屈」なんてとっくに忘れてるはずだが、

それでもけっこう読ませるのが不思議だ。

 

 

 

 

『空電ノイズの姫君』は、幻冬舎から講談社に掲載誌が変わった。

あとがきによると『コミックバーズ』休刊に際し、ウェブ連載を打診されたが、

冬目は紙媒体へのこだわりを訴え、それが認められたらしい。

 

おだやかな作風の背後にある、アーティスト魂を感じさせるエピソードだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03