三ノ咲コノリ『春夏冬さんに呪われるっ!?』

 

 

春夏冬さんに呪われるっ!?

 

作者:三ノ咲コノリ

配信アプリ:『Palcy』(講談社)2018年-

単行本:シリウスKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

学園に、うつくしい髪の転校生がやってきた。

その名は「春夏冬(あきなし)いろは」。

ミステリアスな雰囲気を発散しており、まるで魔女みたいだが、

中身はいたって温厚な性格の優等生である。

 

 

 

 

こちらはオカルト部の「萩好 環」。

モテそうなルックスなのに中二病をこじらせ、リア充をはげしく憎む。

ちなみに、撫でているカラスは剥製である。

 

 

 

 

そして放課後の教室で、春夏冬さんと環が出会う。

春夏冬さんの目つきが悪くて怖いのは、単に人見知りが原因だが、

環はそれを見て、自分が魔法で召喚した魔女と思いこんでしまう。

 

 

 

 

春夏冬さんの方にも問題はあり、ブードゥー人形をかわいいと思うなど、

いささかズレてる言動が、周囲からの誤解をまねく原因となっている。

 

こんな風にオカルトをネタにしつつも、怪異現象は特におきない学園コメディだ。

本作では春夏冬さんの暴走を「ワルプルってる」と称する。

 

 

 

 

さて、ストーリーはどちらかと言えば環の視点ですすむが、

彼女は最初からオカルトにどっぷりなので、読者を置いてきぼりな傾向がある。

感情移入すべき主人公がだれか、いまいちはっきりしない。

 

しかし、環の片思いが空回りする様子などはかわいい。

これをメインプロットに絡めたらもっとよかったろう。

たとえば、好きな男子が一か月後に転校することになっていて、

それまでに告白したいのに、三角関係に足を引っぱられるとか。

 

 

 

 

批判めいたことを述べたのは、この作家を応援してるから。

ちょっとわかりづらくても、手に取る価値があると言いたい。

『アルクアイネ』は北欧を舞台とするファンタジーだったが、

本作は卓抜なセンスを、いわゆる日常系に落とし込んでいる。

作者なりに工夫してるのがわかる。

 

とにかく、とびぬけて可憐で繊細なこの絵柄は、えがたいものだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03