楠木ともり/やぎぬまかな『ビター・エスケープ』

 

 

ビター・エスケープ

 

メディアミックス企画『バンめし♪』OP曲

 

歌唱:楠木ともり(「栗花落 夜風」役として)

作詞・作曲:やぎぬまかな

演奏:侍文化

発行:コナミデジタルエンタテインメント 2018年

クロスフェード試聴/コナミスタイル販売ページ

 

 

 

『ひなビタ♪』につづく、コナミによる音楽配信企画の楽曲である。

いわゆるキャラソンだ。

声優の楠木ともりが歌うバージョンを中心に書こうとおもう。

 

 

ティザーPV

 

 

作曲者のやぎぬまかなは、カラスは真っ白というバンドをやってた人。

僕はよく知らないが、ジャンルは「ファンクポップ」だったそうで、

ブンブン跳ねるベースの上でウィスパーボイスがたゆたう本作の曲調は、

バンド時代の延長線にあるとおもわれる。

あと歌詞は、田舎暮らしの少女の脱出願望をテーマとしている。

 

いかにもインディーロック調のサウンドに、幼さを強調した可憐な歌声。

相対性理論を連想させられる。

『人工衛星』とか『四角革命』とか。

 

 

 

 

相対性理論のデビューは2007年。

僕が『ハイファイ新書』を聞いたのが2009年1月。

あれから10年だ。

 

相対性理論は、アニメ文化への親近感を前面にだして成功した。

そして、あっち系のプレゼンスがますます高まる現在からみると、

コロンブスの卵的な発想のバンドだったなあと痛感する。

 

 

ツイッターへの投稿

 

 

そこで楠木ともりである。

彼女は、やくしまるえつこにないものを持っている。

たとえば18歳という若さ、とびぬけた顔とスタイルのよさ、

そしてなにより、すでにメインキャラ3名を演じた人気声優であること。

 

たしかにこれまでも同様の試みはあった。

花澤香菜とやくしまるのコラボとか。

でもざーさんは、パン屋さんめぐりが趣味のリア充お姉さんであって、

授業中に宇宙人の来襲を妄想してそうなタイプではない。

 

一方でともりるは、アート指向のサブカル少女だ。

イラストを描いたり、イベントのロゴをデザインしたり、作詞作曲したり、

中学時代のいじめ経験にもとづく自作曲を披露したりしている。

 

真部脩一とやくしまるが提示した先見的なビジョンが、

10年のときを経て具現化したのが、楠木ともりという存在なのだ。

 

 

 

 

作曲者による歌唱と、ともりるバージョンを聞き比べよう。

けだるく歌う、前者の解釈の深さも捨てがたいが、僕は後者に軍配をあげたい。

まるで耳許で囁かれる様に聞き手に錯覚させる声の透明度、

拙さも役作りとおもえるキャラソンならではのアドバンテージ。

 

「選択のない未来に」の部分の、前のめりのアーティキュレーションにハッとする。

背伸びして生き急ぐ、なにかを背負ってしまった少女の切迫感が、暴発している。




関連記事

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03