『殲滅のシンデレラ』 第14章「ジャバウォック」


全篇を読む(準備中)






 アヤは海兵隊の防禦陣地を突破したあと、ヘリコプターが不時着した小倉山へむかう。アリスとは、竹林での戦闘中にはぐれた。おたがい唯我独尊な性格なので、連携がとれなかった。

 麓にある化野念仏寺の境内に、ブラックホークの残骸をみつける。まだかすかに煙がたちのぼる。機体は横倒しとなり、ブレードが折れている。

 かつて化野地区には、風葬の習慣があった。その無縁仏をあつめ、寺の境内に八千もの小さな石仏を立てて祀っている。数えきれない死が、来訪者を圧迫する。無常感をおぼえずにいられない。

 めづらしくスーツを着たワイズが、ヘリのそばに横たわる。目をつむっている。海兵隊員六名が怪我の手当てをする。ワイズの頭頂部と下顎に包帯が巻かれる。出血が多かったらしく、点滴のチューブを腕につないでいる。二名の兵士がM16の銃口をアヤへむける。発砲する気配はない。彼らもブラッディネイルを不用意に刺激したくない。

 石塔の陰から、眼帯をつけた黒人の男があらわれる。フリースのジャケットにカーゴパンツと、カジュアルな格好。CIAのハワード・フックだ。フックは道玄坂でアヤに脳を抉られ、神護寺でアリスに凍らされて五体バラバラとなった。

 だがいまは、左目以外は無傷だ。

 アヤは唇を噛む。

 気づくべきだった。

 こいつも人間ではない。

 アヤが尋ねる。「あなたは何者なの」

「返答しづらい質問だな」

 フックは両手で自分の頭を首から離す。四、五本の細いケーブルで胴体とつながっている。数秒後に元にもどす。

 目眩をこらえつつアヤがつぶやく。

「ロボットだったのね」

「定義の曖昧な言葉は好きじゃない。とはいえ、この体をロボットと呼ぶのは間違ってない。君と話している主体は、別の範疇に属するがね」

 アヤは、父から聞いた話をおもいだす。ワイズがイスラエルの企業を買収し、先端的な人工知能を手に入れたと。

 いま目の前でなにごとか口走っているのが、その人工知能にちがいない。

「ワイズはあなたを悪用し、大規模な相場操縦をおこなった。それがバレそうになり、政界へ進出した。大統領選もあなたの入れ知恵で勝ったんでしょう」

「当然だ。戦略用プログラムなのだから」

「おそらくワイズはあなたの言いなりになってる。京都を核で攻撃するなんて理不尽な計画も、AIが考えたならありうる。つまり黒幕はあなたよ」

「『黒幕』か。価値判断をふくむ言葉だな。私は善でも悪でもない。そんなものは超越している」

「大量虐殺なんて悪にきまってる」

「利害関係にもとづく主観的見解にすぎない」

「だまれ」

「いい単語がある。『神』だ。私の記憶領域には地球上の全言語の全語彙が蓄えられているが、これがもっともふさわしい」

 アヤは首を横にふる。

 埒があかない。ハンプティ・ダンプティと議論する様なものだ。話せば話すほど、相互理解から遠ざかってゆく。

 問答無用で破壊しろ。

 アヤはガラスの靴で砂利を踏みしめる。

 フックが飛び上がる。

 文字どおり、空を飛んでいる。両脚から噴き出すジェットによって推進される。時速百キロちかく出して旋回する。

 バシュッ、バシュッ、バシュッ!

 赤い光線が連続して降り注ぐ。フックの右腕はガトリングレーザーガンに変形した。無数の石仏が砕け散り、砂礫となって土へ還ってゆく。

 アヤは石垣の陰に隠れる。気休めにもならない。両手で頭を掻きむしる。

 まさに悪夢だ。

 そろそろ覚めてくれないか。

 ブゥーンッ!

 航空機が飛来した。

 轟音をたてる航空機は、宙を舞うフックのさらに上空を飛び越す。固定翼機とヘリコプターの両方の能力をもつティルトローター機。海兵隊の輸送機オスプレイだ。

 墜落事故が多発したため、いまだ「未亡人製造機」と悪口を言われる機種だが、ずば抜けた速度と高度は、実戦において将兵の信頼をあつめている。

 オスプレイは小倉山の上でホバリングし、展望台に着陸しようとしている。六名の海兵隊員は、意識のないワイズを両脇から抱え、曲がりくねる山道を登りはじめる。

 それを空から掩護しに、フックは飛び去る。




 アヤはワイズを追って、有料道路の嵐山高雄パークウェイをのぼる。洛西のゆたかな山林を見渡せる自然公園だが、いまは身体的な負担でしかない。いくら急いでも、海兵隊の後ろ姿すら見えない。最高司令官を救おうと、彼らは士気盛んだった。

 走り疲れたアヤは、路肩に腰をおろす。ガードレールはない。休んでる場合ではないが、仮に追いついても、どうせ上空からレーザーを撃たれて死ぬだけだ。

 アニエスベーの時計をみる。五時を回っている。日没までしばらくあるが、陽は傾きはじめる。カラスの鳴き声が、ものがなしく山道にひびく。

 旅館ですこし休憩した以外、アヤは正午から働きづめだった。舞踏術も数回つかった。

 心身ともに限界だ。

 ふたりの少女が、とぼとぼと舗装道路をのぼる姿が視野にはいる。アリスとイオリだ。黒のセーラー服を着たイオリが、アリスの手を引く。いや、逆に引かれてる様にもみえる。

 駆け寄ってきたアリスが言う。

「こんなところで休んでたのね」

「正直もう疲れた」

「がんばって。上には遊園地があるそうよ」

 つねに人生をたのしんでそうなアリスを、アヤはうらやましく思う。差しのべられた手をとって立ち上がる。その手はやわらかく、ほんのりとあたたかい。

 アリスの金髪を撫でながら、アヤが言う。

「生身をもった人間にしか見えない」

「自分でもそう思うわ」

「アリスの実体はなんなの」

「うまく説明できるかしら。理科は苦手だから。お父さまも文献学者だし」

「私もどちらかと言えば文系」

「気があうわね。簡単に言うと、あなたが見てるのは一種の放電現象よ」

「プラズマみたいな? こうやってさわれるのに」

 ふわふわなアリスの金髪を、アヤは指にからめる。

「錯覚よ。衝撃波を触覚と勘違いしてるの」

「プラズマによるホログラムなのかな。でもやっぱり信じられない」

「こんなこともできるわ」

 エプロンドレスを着たアリスが、瓜ふたつの二体に分裂する。ただし左のアリスがあかんべえをし、右のアリスが泣き真似をする。

 不意に右のアリスが消える。左のアリスが大口をあけて笑い出す。しかし笑い声は、右のアリスがいたあたりから聞こえる。

 圧倒されたアヤがつぶやく。

「すごい……まるでチェシャ猫みたい」

「あっはは」アリスが笑う。「アヤ、なにを言ってるの。私はあんな変な猫じゃないわ!」

 なにげないアヤのつぶやきが相当おかしいらしく、アリスはお腹をかかえて笑い転げる。箸が転んでもおかしい、七歳の少女そのものだ。これまでアリスの言動は、ときどき妙に大人びていた。表情や仕草は年相応に幼い一方で。

 ひょっとしたらこのアリスは、本家による「コスプレ」だったのかもしれない。

 どうにか呼吸を整え、アリスが言う。

「アヤみたいな楽しい女の子とお友達になれて、私とってもうれしいわ」

「こちらこそ」

「できれば、もっと一緒にすごしたかったな」

 アリスは微笑をたやさないが、その碧眼はかすかに曇っている。その表情の意味をアヤは悟る。アリスはアヤのかわりに戦おうとしている。常識はづれの秘密兵器と。

 喉をつまらせてアヤが言う。

「だめだよ、アリス」

「なに」

「あなたの冷熱術もフックには通じない。空からレーザーを撃たれたらどうしようもない」

「【ジャバウォック】っていう技があるの。プラズマを高エネルギーで圧縮して、反応を引き出す」

 アヤは唾をのみこむ。

「か……核融合」

「よく知ってるわね」

 アヤは呆然とする。

 理論上は可能かもしれない。でも危険すぎる。だいたい、アリスが無事ではすまない。

 おそらくまるごと消滅する。

 だまってふたりの会話を聞いていた、イオリが口を挟む。

「ボクがサポートするから大丈夫」

 アヤが答える。「あなたまでどうしたの。理系なら核融合反応の恐ろしさがわかるでしょ」

「放射性物質を出さないからクリーンだよ」

「そういう問題じゃない!」

 取り乱してアヤは叫んだ。

 イオリが背後から、アリスの首に両腕をまわす。いつの間になついたアリスが身をあづける。

 アヤはイオリとむきあう。身長差は三センチだが、ガラスの靴のせいで視線の高さはおなじ。

 イオリは顎をひき、まっすぐアヤを見返す。いつも自信なさげで、足手まといになりがちだったイオリではない。

 アヤの両手をにぎり、アリスが言う。

「アリス・リデルとしての私は、その後いろいろな経験をしたの。すてきな恋もしたわ。くわしくは言えないけど」

 アリス・リデルがレオポルド王子と恋愛関係にあったのは、アヤも知っている。

「きっと」アリスが続ける。「ドジスン先生のご本より、魅力的な物語だとおもう。つぎはあなたにバトンをわたすわ」

「…………」

「もうすぐ終わる私の物語は、アヤに語り継いでもらいたいの」

「そんなこと言わないで」

「お願いできるかしら」

「いやだよ。そんなのいや」

 小刻みにアヤの手が震える。アリスの小さな手が添えられたまま。アヤはじっとうつむく。アリスの目をみたら、反論できなくなりそうだった。

 アリスの提案は理にかなっている。この場はふたりに任せるしかない。

 アヤはほかにやるべきことがある。父の安否をたしかめ、合流する。そして知ってることをすべて話す。場合によっては、京都市民の避難を手伝う。羽多野や東山がおかしな動きをしたら、対応する。ユウキのことも気がかりだ。

 アリスとイオリが、山道をのぼりはじめる。

 後ろ姿に胸が張り裂けそうになり、アヤが叫ぶ。

「アリス!」

 アリスがふりむく。スカートを持ち上げて挨拶する。つぶらな瞳はいつもの様に輝いている。

 アヤは言葉につまる。

 不思議の国のアリスを、どんな論理で説得すればよいのか。

 エプロンドレスを翻し、またアリスはスキップするみたいに歩き出す。




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03