中山敦支/小高和剛『ギャンブラーズパレード』

 

 

ギャンブラーズパレード

 

作画:中山敦支

原作:小高和剛

掲載誌:『週刊少年マガジン』(講談社)2018年-

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

中山敦支の新連載は、ゲーム畑の小高和剛による原作つき。

『アストラルエンジン』『オフサイドを教えて』は秀作だし、

中山は作画のみ担当の場合でも、いい仕事をする。

 

僕は完璧な作品リストをしらないけど、講談社の雑誌には初登場かな。

(いわゆるウェブコミックでは描いている)

 

 

 

 

テーマはギャンブルである。

主人公の「花梨」は、疫病神といわれるほどの不運体質で、

勝負事にまったく向かないが、高額の賭けにまきこまれる。

 

極限状況をえがくのが得意な中山にふさわしいテーマかもしれない。

花梨の心理描写など、迫力がみなぎる。

 

 

 

 

10万円の負けとなりかけた花梨に、救い主があらわれる。

クラス担任の「蜘蛛手(くもで) 渚」。

ギャンブルをはげしく憎み、ギャンブルによってギャンブラーの殲滅をはかる。

中山ファンなら『ねじまきカギュー』のカモ先生を思い出すだろう。

 

矛盾をかかえこんだ、この蜘蛛手の人物造形は、

死をもとめて戦う『うらたろう』の延長線上にある。

どうも『カギュー』以降の中山作品は、すっきりしない。

 

 

 

 

太く荒々しい描線が中山の特色だが、本作ではますます太い。

『オフサイドを教えて』で試みていた、ポップな画風を指向している。

 

気になる点をあげるなら、主人公のキャラや、画面全体の緊迫感のよわさ。

確信もって、主人公とならんで突っ走ってゆく快感がない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03