仲谷鳰『やがて君になる』6巻

 

 

やがて君になる

 

作者:仲谷鳰

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA)2015年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

ながく引っぱってきた生徒会劇がはじまる。

主演は燈子である。

死別した姉への思いが、彼女を舞台へ駆りたてた。

 

 

 

 

2話にわたり、劇の一部始終を再現する。

はっきりいって冗長だ。

ただでさえ淡白な作風なのに、この空虚さは耐えがたい。

 

とはいえ侑がチョップをくりだすところとか、きらりと光る瞬間はある。

 

 

 

 

にも言ったが、本作はすでに「セリフつきのイラスト集」となっている。

むしろセリフのないページがいい。

扉絵とか。

象徴主義的な手法が、めざましい効果をあげる。

 

 

 

 

僕が気にいったのは、カバー下の4コマ。

作者は主要キャラ全員の誕生日をあかし、

燈子と侑は先輩後輩なのに、2か月も離れてないのをネタにする。

 

おまけにするには勿体ない会話だ。

逆にいうと、本篇の価値がいまいちわからない。

 

 

 

 

34話は、本作ではおなじみの飛石のある川で、

「攻守逆転」となる重要なシーンが演じられる。

 

光と風の繊細な描写。

瞳にうつる川面。

表情の対比。

しんとした時間と、だしぬけな運動。

たかぶる感情。

 

仲谷鳰の画風は誇張がすくない。

少女漫画みたく背景で花が咲き乱れないし、男性むけのサービスもない。

でもこれは、漫画における少女のうつくしさの表現の、まさに極致だろう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03