白鳥うしお『怪しことがたり』

 

 

怪しことがたり

 

作者:白鳥うしお

掲載誌:『月刊コミックガーデン』(マッグガーデン)2018年-

単行本:マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ

[ためし読みはこちら

 

 

 

マイルドなホラー趣味のある、和風ファンタジーだ。

高校生の「高原やちほ」が、出るという噂の古い屋敷にひとりで引っ越し、

そこでさまざまな怪奇現象に巻きこまれる。

 

 

 

 

目的は、失踪した母の手がかりを得ること。

この世とあの世のつながりについて記した本、

『黄泉の書』が屋敷のどこかにあるらしい。

 

 

 

 

本作は「扉絵の次のページ」に惹きつけられる。

やちほの日常の一コマを切り取るのだが、それが実にイキイキしている。

 

 

 

 

これも扉絵の次。

すっきりキレイな描線でありつつ、骨格や服のシワなどを丁寧にえがき、

ヒロインの表情もゆたかで、非凡な画力をものがたっている。

 

 

 

 

日常パートがもうすこし長いとうれしいと、僕はおもった。

1ページだけでは物足りない。

学校や交友関係や趣味などとの対比がはっきりすると、

怪異の怪異らしさがより際立つのではないか。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03