烏丸渡『魔法使いと竜の屋根裏』

 

 

魔法使いと竜の屋根裏

 

著者:烏丸渡

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA)2018年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

コマ割りなどの漫画上の演出もうまいし、カラーの一枚絵もうまい。

ヴィジュアルの完成度において、烏丸渡は現代最高の作家のひとりだ。

 

新連載である本作は、僕はためし読みをみて物足りなさを感じていたが、

『NOT LIVES』に入れ込んでたくせに冷淡だと思い直し、一か月遅れで購入した。

 

 

 

 

本作を乱暴にジャンル分けするなら、『魔女宅』の親戚にあたるだろうか。

主人公はプロペラをそなえた杖にのり、宅配業務などをおこなう。

 

 

 

 

ただし本作で描かれる世界は、より陰鬱。

百年前に巨大な物体があらわれ、そこから飛んでくる竜が空を支配している。

主人公も当然おそわれる。

 

背景にモザイクみたいな処理がほどこされており、僕はうならされた。

 

 

 

 

ためし読みでも感じたが、やはりプロットは物足りない。

だれが、なんのため、どんなコストをかけ、だれと戦うのか不明瞭だ。

随分のんびりした話だなとおもえる。

愛する弟のため、つねに命懸けだった天宮鏡花とくらべると特に。

 

メシマズネタにも既視感をおぼえた。

 

 

 

 

なんとなく難解なSFっぽいのが、作者の描きたいものなのかもしれない。

前作の、可憐な少女たちの苛酷なバトルは、需要に応じただけかもしれない。

 

それでも、ちょっとした脇役の、とんでもない可愛さを見るにつけ、

やはりこっちが作者の本質とおもわざるをえない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03