長代ルージュ『イヴとイヴ』

 

 

イヴとイヴ

 

作者:長代ルージュ

発行:一迅社 2018年

レーベル:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

「百合×SF」の相性をうらなう試金石となりうる短篇集だ。

たとえば、冒頭の『奇跡の好きを遺したい』で少女たちは、

自分たち以外の人類が絶滅した世界をさまよう。

 

つくみず『少女終末旅行』など、同工異曲の作品はあるが、

はげしい性愛をえがく点で、本作は一歩ふみこんでいる。

 

 

 

 

少女たちは堂々と、少女たちを生み、そだててゆく。

ディストピアという名のユートピア。

 

百合には、頭でっかちな側面がある。

荒唐無稽なテーマをもっともらしく表現する努力は、見方によっては滑稽だ。

タイムマシンや透明人間の話みたいに。

後世の文学史家は、百合をSFの一ジャンルとみなすかもしれない。

 

 

 

 

『永遠一号二号はイヴとイヴ』。

それぞれウェディングドレスを着たふたりは、これから手術をうける。

自分たちの脳をとりだし、人工衛星に搭載する。

ふたりの愛を永遠のものとするため。

 

 

 

 

百合の定義についてここでは触れないが、

ジャンル全体の傾向として、「男性性に対する低い評価」をあげられる。

男の肉欲は利己的で醜く、女の愛は純粋に精神的でうつくしい。

 

それを極限まで追究すると、この「精神的な愛」へゆきつく。

百合の歴史において語り継がれるだろう描写だ。

 

 

 

 

本短篇集は、「地に足のついた百合」も用意されている。

心と心がぶつかり、きしみ、すれちがうドラマを、全身全霊であじわおう。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03