神崎かるな/黒神遊夜『武装少女マキャヴェリズム』8巻

 

 

武装少女マキャヴェリズム

 

作画:神崎かるな

原作:黒神遊夜

掲載誌:『月刊少年エース』(KADOKAWA)2014年-

単行本:角川コミックス・エース

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

第8巻は、インドの武術カラリパヤットの遣い手、千鳥とのバトルがヒートアップ。

改良型魔弾をくらった千鳥が、はげしく嘔吐する。

身も蓋もない描写だ。

 

作者夫妻は単行本あとがきで、アニメ化・結婚・出産などを無邪気によろこび、

幸せアピールに余念がないが、作品自体は剥き出しの暴力が炸裂している。

 

 

 

 

千鳥の武器はウルミ。

鞭の様にしなる剣だ。

斬撃の暴風雨のインパクトは、本作において最大級。

指の一本や二本、吹き飛んでもおかしくない。

 

カラリパヤットにからめて、現代のローコンバットへの言及もあり、

作者の格闘術の造詣の、深みと範囲と体系性には恐れいるばかり。

 

 

 

 

闘いのあとは、おたのしみが。

ボーイフレンドシャツからのぞく千鳥の細い脚がたまらない。

 

 

 

 

8巻後半にえがかれるのは、メアリvs聖愛。

西洋剣術のことなる流派同士の激突だ。

詰将棋的でパズル的な駆け引きがみどころ。

 

 

 

 

本作を熱心にフォローしてない人が当記事を読んでも、そもそもこの漫画は、

誰と誰がなんのため闘う話なのか、さっぱりわからないはず。

ファンである僕ですら、わからないのだから。

 

しかし、だ。

麗しい女子、比類ない武術の描写、抜きがたい死の匂い。

これらの美点が欠点を覆い隠しており、僕はこれからも本作を追い続けるだろう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 神崎かるな&黒神遊夜 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03