尾崎かおり『金のひつじ』1巻

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

単行本:アフタヌーンKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

寡作で知られる尾崎かおりの新作は、青春もの。

6年ぶりに再会した幼なじみ4人の、すれちがいがテーマだ。

テイストは、かなり苦い。

 

 

 

 

優しいまま、純粋なままであり続けるのを許さない世界に対し、

主人公は不器用なやりかたで抵抗をみせる。

絵柄はときに愛らしく、ときに繊細で、ときに大胆で、

それに瑞々しくかつ老練、まあ達者な画力と言うほかない。

 

舞台は山麓の田舎町。

地元民は方言をつかわない。

制服のない高校が多いと聞く長野県かとおもったが、

上京するのに飛行機に乗ってたので違うかな。

意図して読者の地理的追求をはぐらかす描写もある。

 

 

 

 

本作はいじめのシーンがくりかえし描かれる。

作者の表現力が卓抜すぎ、読んでいて息がつまる。

いじめる側にも共感できるので、やるせないのだ。

 

だから主人公の母親のかわいらしさにホッとする。

 

 

 

 

酔っぱらって帰宅した母が、たいして現実味のない再婚話を口にする。

転校先で問題をかかえる主人公は、つれない態度をとる。

呆けた感じの横顔、冷蔵庫の閉まる音……空気感が圧倒的。

 

 

 

 

家出してやってきた渋谷で、別居中の父と会う。

作者は情報を出し渋りつつ、それでも個性をきわだたせる。

 

 

 

 

1巻時点では、「ギター」とゆうギミックを十分いかせてない印象。

別にバットや竹刀やバイオリンでもいい気がする。

ゆえにもうひとつのギミック、つまり「いじめ」が目立ちすぎ、読後感が重い。

 

尾崎かおりに代わる作家などいないので、

これはこれとして受けとめるしかないけれど。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03