まつだこうた『骸積みのボルテ』

 

 

骸積みのボルテ

 

作者:まつだこうた

掲載サイト:『デンシバーズ』(幻冬舎)2017年‐

単行本:バーズコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

憎悪と暴力が陰鬱に垂れこめる、ダークファンタジーである。

その少女は、不死身の肉体と、復讐に燃える執念から、

「骸積みのボルテ」と呼ばれ、おそれられている。

 

 

 

 

主人公の「コア・ボルテ」は遊牧民族の一員。

服装もモンゴルっぽい。

 

 

 

 

作品世界では、ヨーロッパ風の帝国が勢力をほこる。

その容姿はイヌまたはオオカミの様だ。

 

 

 

 

コアは、家族や同胞を殺した帝国軍と、その司令官「イリア」を恨んでいる。

化物じみた戦いぶりで、血祭りにあげてゆく。

 

 

 

 

コアは単なる殺戮機械ではなく、ときおり年頃の少女らしい面をみせる。

なまなましい戦闘シーンの合間にえがかれる、

コロコロかわいらしい絵柄による日常芝居でホッとする。

 

 

 

 

コアの武器は剣だが、敵は近代的な銃を装備している。

本作はガンアクションとしても魅力的だ。

 

 

 

 

評論っぽく客観的に言うと、詰めこみすぎとはおもう。

じっさいこのレビューも、世界観の説明に相当分量をとられた。

読者はじっくりストーリーに浸るまえに、膨大な情報を処理する必要がある。

 

でも僕は、こうゆう攻めてる作品は好きだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03