コナリミサト『凪のお暇』3巻

 

 

凪のお暇

 

作者:コナリミサト

掲載誌:『エレガンスイブ』(秋田書店)2016年-

単行本:A.L.C.DX

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『凪のお暇』の特色は世界観だ。

レディコミ誌連載だが、恋愛やセックスの比重はひくく、題材に広がりがある。

広すぎるくらい。

 

3巻では、凪を不幸にした元カレ・慎二の実家を訪問したことが回想される。

お母さんはキレイで天然キャラで、みな仲がよく、

わざとらしさは若干感じるけれど、理想的な家族にみえた。

 

 

 

 

ほかの登場人物とおなじく慎二の家族も、心に空洞をかかえている。

作者はそこへ容赦なく手をつっこみ、ガリガリかきむしる。

あれほど読者のヘイトをあつめた慎二が、主人公におもえる瞬間すらある。

 

 

 

 

本作の重要テーマのひとつは家族。

3巻でいよいよ凪の母親が登場する。

北海道のトウモロコシ畑ではたらいているなんて、

ドロップアウト前の凪のイメージからかけ離れており、衝撃的。

 

 

 

 

凪と母親の外見は、髪質以外は似ている。

外ヅラのよさも同様。

ただ母親は支配欲がつよく、電話で娘をねちっこく責める。

凪が絵に描いた様な優等生となり、結局ポキッと折れたのも納得。

 

 

 

 

イベントオーガナイザーだかなんだかをしている、

うさんくさいお隣さんのゴンと、レディコミらしくことにおよぶ。

28年の人生で一番の快楽で、凪は身心ともに満たされる。

 

 

 

 

ところが余韻にひたりつつ振り返ると、ゴンはソシャゲをしていた。

日常と「背中合わせ」の虚無感が、ぱっくり口をあけて主人公と読者をのみこむ。

 

 

 

 

このあまりに世知辛い世の中をいきぬくための「節約術」も健在。

パーカーを即席のバッグにし、図書館に本を返却後、

着て帰ってくるなんて窮極のテクニックも披露される。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03