成家慎一郎『まなかの杜』

 

 

まなかの杜

 

作者:成家慎一郎

掲載誌:『コミックヘヴン』(日本文芸社)2017年-

単行本:ニチブンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

杜の都・仙台にある神社を舞台とする物語。

主人公である女子高生「日下まなか」は、雪降る夜にたまたま通りかかる。

そこで、ある出会いを経験する。

 

 

 

 

まなかは母子家庭のひとり娘。

病弱な母にかわり、バイトで家計をささえている。

正直、放課後にはたらく毎日はつらいし、もっと遊んだり恋をしたりしたい。

でも根がマジメで優しいので、ついがんばってしまう。

 

 

 

 

神社で出会った相手は、雪の様に白い髪をした美青年「近臣(ちかおみ)」。

その正体は、仙台を守護する神様。

ファンタジー色のつよい作品である。

 

 

 

 

まなかは近臣の、浮世離れした雰囲気にひかれてゆく。

正体は知らないまま。

 

不器用で健気なツインテール女子。

これほど心をつかむヒロインは稀だ。

 

 

 

 

魅力的な脇役たちが、メインプロットにからむ。

たとえば、おっちょこちょいな母親との関係性のたのしさ。

 

 

 

 

もしくは「伊達政宗」を名乗る中二病男子。

まなかは知らないが、ホンモノである。

 

 

 

 

ラブコメ・恋愛もの・青春もの・御当地もの・ファンタジー……。

いくつかのジャンルにまたがる本作は、ひとことで特徴を言い尽くせない。

ただヒロインの、思春期女子らしく繊細でピュアなたたずまいに、

多くの読者を支持をあつめるポテンシャルを感じる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03